バンド・楽器をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

音楽スタジオ定額制をはじめた本当の理由【店長奮闘記】

スタジオラグへおこしやすの編集長、そしてスタジオラグ伏見店店長の中尾きんやです。

前回:どうしてもスタジオラグ伏見店を続けたい!

現在も毎日伏見店、店頭で1人業務しておりますが、みなさまから頂いたアイデアを一つ一つ実行中です。

1人と言っていますが、ラグのスタッフはもちろん、お客様や関係者の方から、さまざまなサポートをしてもらっていますので、前向きに進めることができています。

昨年末から以下のようなサービスはじめました。

スタジオラグ伏見店限定ですが。

自分が知りうるところでは、バンドリハーサルできる場所で、定額制はおそらく全国初だと思います。

ただサービス自体は、特別珍しいものでもなく、文字通り定額制 = サブスクリプションです。

あなたも日頃、SpotifyやLINE MUSIC、Apple Musicといったミュージックアプリを利用しているのではないでしょうか。

もちろん音楽以外でも近年広がっている定額制サービス。


スタジオラグ伏見店でもはじめましたが、内容は以下の通り

  • 契約後30日通い放題で19,800円(税込)
  • 1営業日2時間まで、どこの部屋でも使える
  • バンド練習はもちろん、ドラムなどの個人練習、音楽教室使用でも使えます!
  • 2019年1月末まで受付中

なぜ、今わたくしがスタジオで、これをはじめようと思ったのには大きい理由が2つあります。

1. 楽器練習を定着化し、来店する方の新たなスタジオへいく理由作り

この理由が正直に一番です。

単にスタジオを安売りしたいのではなく、楽器は定期的に練習するのが一番効果的だからです。

昨日のTwitterライブ生放送でも、筋トレのようなものだと例えました。

そもそもわたくしがやっているTwitterライブでの毎日の生放送、これも毎日続けること、改善することで成長をもくろんでおります。(この話はおいおい)

いままで習慣づけることは、金額面のハードルが待ち構えておりました。

たとえば、生ドラムを会社帰りに毎日練習したいって場合。

当スタジオでは、個人練習2時間あたり1人、1252円(税込)です。

25日通ったとして、1,252円×25日=31,300円(税込)。

さすがに、いきなりこれはハードル高いと感じる金額だと思いましたので、19,800円(税込)というキャッチーな金額設定にしました。

ちなみにこの定額制。

決して、1年間通わなきゃとか思わなくてもいい。

別に1カ月のみとかでもいいのです、当たり前ですが。

たとえば、練習することを習慣づける1カ月間トレーニングの位置付けでもよいでしょう。

わたくしのように、生放送での活用で「1カ月間毎日ライブします!」みたいな使い方もありでしょう。

毎日ライブされたら、ユーザーの定着率も一気にあがるのではないでしょうか。

活用の提案を一緒に考えていけたら楽しいなと、いつもワクワクしております。

2. 5部屋の防音室の有効活用

1月末まで受付に限定しております。

もちろん好評なら今後も行いたいとおもっておりますが。

1月、2月は、防音室が5部屋ある当スタジオでは予約に余裕がある時期。

このサービスにチャレンジする絶好の機会。

ちなみに今までやらなかったのは、そういったアイデアやご提案が単純になかっただけです。

以上が大きな理由。

でも本当に隠された理由は、業界自体への問いかけでもありました。

「定額制!」と打っても、生活者が一気に楽器をはじめるわけでもありませんし、これきっかけだけでユーザー行動が変わることがないことを証明したかった。

わたくしのプロモーションが単に届いていないだけだと思いますが、現時点で申し込みはゼロ。

検討中の方は数名おりますが。

地域によっても反応は違うと思います。

Twitterでも反応が高かったのは、やはり東京。

東京なんかでやると、すぐ走らせることができるのでは?と思います。

なにより、この定額制に頼らなくてもいい、新たなサービスか価値をわたくし自身作らなければいけません。

そのきっかけや、経験は貴重な資産になっております。

引き続き、検証しながらお客さんと向き合いながら進めていきたいと思います。

次回記事:【リハスタ奮闘記】楽器の個人練習定額制をはじめるのはどうか?

プロフィール

スタジオラグへおこしやす編集長・ギタリスト

中尾きんや

地元京都です。

バンド活動、PA音響やレコーディングエンジニア、スタジオ店長などを経て、現在は「スタジオラグへおこしやす」の編集長を担当しながら、(株)ラグインターナショナルミュージックの執行役員として日々奮闘中。

最近またスタジオラグ伏見店の店長も兼任しております。

今までは関西を中心に音楽業界にどっぷりな毎日を送っていました。

そこでは楽しさもありつつ、時には苦悩もあり、正直日々試行錯誤な20代でした。

現在は30代半ばですが、若いスタッフとともにここで音楽情報を発信しています。

執筆してくれているのは、現役バンドマンにミュージシャン、全国の音楽講師のみなさん、音楽関係のお仕事されている方やスタジオスタッフに、普段は音楽を専門としない人までさまざまです。

音楽活動のヒント、そして音楽初心者の方へ向けて発信し、多くの世代に読んでいただけるメディアを目指します!

人気音楽雑誌YOUNG GUITARでも執筆経験あり。

趣味はギターと料理とネットサーフィンとか。

好きな音楽は「ギターがかっこいい曲」です。

将来の夢はプライベートスタジオを創ること。

Twitter:kin_kinya

この著者・クリエイターへメッセージを送る

著者の記事一覧

こんな記事も読まれています