人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

音楽スタジオ休憩所のベンチをペンキで塗りました!

ここにも書きましたが、未来へのタスクです。

  • すぐできること
  • 少し時間がかかること
  • お金がいること

地道ですが、スタジオラグ伏見店はまた一からだと思っています。

なかなかスタジオを離れてアクティブに動けない状況なので、店内で「すぐできること」の毎日へ。

今きてもらっているお客さんをまずは大切にしなきゃいけない。

最近お客様から「居心地がいい」「落ち着く」などの声をいただきます。

ただ「3Fまで上がってくるのがしんどい……」とか、すぐには解決できない課題もあるのですが……

未来の景色を想像してもらえるように、いろんなアイデアが湧いてくるような環境を目指します。

「もうここまでかな……」なんてことは、何回も思いましたが、今は応援してくれているみなさまのおかげで、なんとか前向きに頑張っています。

大きいリアクションがなくても「あ、見てくれているんや」とかわかるときもあるし、気にしてくれているにも伝わってきています。(勝手に感じているだけかもしれないけど 笑)

長く続けていると必ずぶち当たる壁の連続。

こんな感じで京都で音楽スタジオやっています。

京都の貸しスタジオ|スタジオラグ伏見店

次回に続く。

前回:古い音楽スタジオを復活させる未来への3つのタスク

次回:【CDの寄付求ム】スタジオラグ伏見店の地下スペースにCDの壁を作ります

著者プロフィール

スタジオラグへおこしやす編集長・ギタリスト

中尾きんや

地元京都です。

バンド活動、PA音響やレコーディングエンジニア、スタジオ店長などを経て、現在は「スタジオラグへおこしやす」の編集長を担当しながら、(株)ラグインターナショナルミュージックの執行役員として日々奮闘中。

最近またスタジオラグ伏見店の店長も兼任しております。

今までは関西を中心に音楽業界にどっぷりな毎日を送っていました。

そこでは楽しさもありつつ、時には苦悩もあり、正直日々試行錯誤な20代でした。

現在は30代半ばですが、若いスタッフとともにここで音楽情報を発信しています。

執筆してくれているのは、現役バンドマンにミュージシャン、全国の音楽講師のみなさん、音楽関係のお仕事されている方やスタジオスタッフに、普段は音楽を専門としない人までさまざまです。

音楽活動のヒント、そして音楽初心者の方へ向けて発信し、多くの世代に読んでいただけるメディアを目指します!

人気音楽雑誌YOUNG GUITARでも執筆経験あり。

趣味はギターと料理とネットサーフィンとか。

好きな音楽は「ギターがかっこいい曲」です。

将来の夢はプライベートスタジオを創ること。

Twitter:kin_kinya

この著者・クリエイターへメッセージを送る

著者の記事一覧

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています