スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

バンド曲をダウンロード販売やストリーミング配信してみた。果たしていくら売れたのか?

iTunes や Amazon でオリジナル曲を販売したい!

LINE MUSIC や Spotify などのストリーミングサービスでも配信したい!

今回は、実際にオリジナル曲の配信手続きから、ダウンロード販売やストリーミング配信で収益が上がるまでの一部始終をご紹介したいと思います。

オリジナル曲を配信してみたい方は、ぜひブックマークしておきましょう!

今回使ってみたサービスは Tune core Japan

今はレーベルと契約してなくても、個人でも大手の音楽配信サービスから楽曲の配信ができますが、各配信サービスに直接依頼すると手間や時間が多くかかります。

そこで今回は、配信登録サービスTune core Japanに登録してみました。

Tune core Japan

Tune Core(チューンコア)とは、自分の楽曲を世界中の配信ストアで販売できるアメリカ発のサービスです。

日本でも2012年から始まっているサービスで、年会費制で、配信した楽曲の利益100%還元という、アーティストにとっては嬉しいシステムを採用。

楽曲登録 → 楽曲審査 → 各サービスに配信の流れで簡単に手続きできます。

実際にオリジナル曲を、Tune core Japanに登録して配信してみました。

楽曲登録から、約4日後にはすべてのサービスで配信可能に

iTunesの配信は早かったのですが、LINE MUSICは一週間程かかったりと、配信までにかかる時間は各サービスそれぞれ違いますが、最短で2日間程でした。

実際どのように配信されているかを見ていきたいと思います。

iTunesはこんな感じです。iTunes store 配信Amazonはこんな感じ。

amazon

Google Play Musicも

Google Play Music 配信

Spotifyも

Spotifyでオリジナル曲を配信

LINE MUSICは、約一週間程で配信されていました。

LINE MUSICで配信
ジャケット写真がまだ反映されていないものもありますが、楽曲登録完了から4日後にはほぼすべてのサービスで配信されていました。

すべてチェックし切れていませんが、他にも数十種類のサービスから配信されているようです。

配信して見た結果、いくら売れたのか?

今回、配信と販売をしたのは、自分のバンドの曲です。

スタジオラグでレコーディングした、できたてほかほかの音源。

MVはすでに作成済なのですが、まだ楽曲販売できずにいたので配信形式でチャンレンジしてみることに。

こちらの曲です。

波として、海として / 月と日と軌条(OFFICIAL MV)

正直なところ、地元京都でしか活動していない無名なバンドなので、それを踏まえてご覧いただければ幸いです。

Tune core Japanのマイページでは、確定レポートと速報レポートが見られます。

確定レポートは、各配信ストアからのレポート報告(確定レポート)と入金を確認後、レポートページに反映される仕組みです。

各配信ストアの入金を確認できるのは「販売実績月の末日より約60日後」なので、今回の10月、11月配信分は、まだ確定しておりません。

Tune core Japan

速報レポートに販売数はあくまで、デイリーの速報値で月末に報告される実際の販売数と異なる場合があるようですが、以下のような結果になりました。

10/16に配信しはじめてからの11/12までの約25日間で「5ダウンロード」されています!

内訳は、iTunes storeが4回、レコチョクが1回です。

ちなみに配信告知は、今のところ大々的にはやっていませんし、ライブなどの活動もその間はしていません。

Tune core(チューンコア)配信結果、効果

ストリーミングサービスの数値も出ています。

再生回数は、Spotifyで4回、Apple Musicで1回です。

Tune core(チューンコア)配信結果、効果

販売料金や収益は、各サービスによって違います。

例えばiTunes Storeの場合、Appleに約3割、残りの約7割をアーティストに支払われることになります。

iTunes storeのシングル販売価格が150円ならアーティストに89円、200円ならアーティストに118円、250円ならアーティストに148円です。

その売り上げ分からさらに手数料がかかってくるサービスもありますが、Tune coreなら売り上げ分から100%アーティストに支払われます。

シングルだと、1年間契約1,410円(税抜)の登録料金で配信可能なので、250円で1曲販売するなら、1年間で1曲あたり10ダウンロード以上をされれば、赤字にはならない計算です。

すでにファンが多くいたり、知名度があるアーティストにとってはたいへんお得なサービスではないかと思います。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています