- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

バンド曲をダウンロード販売やストリーミング配信してみた。果たしていくら売れたのか?

iTunes や Amazon でオリジナル曲を販売したい!

LINE MUSIC や Spotify などのストリーミングサービスでも配信したい!

今回は、実際にオリジナル曲の配信手続きから、ダウンロード販売やストリーミング配信で収益が上がるまでの一部始終をご紹介したいと思います。

オリジナル曲を配信してみたい方は、ぜひブックマークしておきましょう!

今回使ってみたサービスは Tune core Japan

今はレーベルと契約してなくても、個人でも大手の音楽配信サービスから楽曲の配信ができますが、各配信サービスに直接依頼すると手間や時間が多くかかります。

そこで今回は、配信登録サービスTune core Japanに登録してみました。

Tune core Japan

Tune Core(チューンコア)とは、自分の楽曲を世界中の配信ストアで販売できるアメリカ発のサービスです。

日本でも2012年から始まっているサービスで、年会費制で、配信した楽曲の利益100%還元という、アーティストにとっては嬉しいシステムを採用。

楽曲登録 → 楽曲審査 → 各サービスに配信の流れで簡単に手続きできます。

実際にオリジナル曲を、Tune core Japanに登録して配信してみました。

楽曲登録から、約4日後にはすべてのサービスで配信可能に

iTunesの配信は早かったのですが、LINE MUSICは一週間程かかったりと、配信までにかかる時間は各サービスそれぞれ違いますが、最短で2日間程でした。

実際どのように配信されているかを見ていきたいと思います。

iTunesはこんな感じです。iTunes store 配信Amazonはこんな感じ。

amazon

Google Play Musicも

Google Play Music 配信

Spotifyも

Spotifyでオリジナル曲を配信

LINE MUSICは、約一週間程で配信されていました。

LINE MUSICで配信
ジャケット写真がまだ反映されていないものもありますが、楽曲登録完了から4日後にはほぼすべてのサービスで配信されていました。

すべてチェックし切れていませんが、他にも数十種類のサービスから配信されているようです。

こんな記事も読まれています