- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

実は楽器演奏の基本が詰まっている。教育用カスタネットで遊ぼう!

打楽器(パーカッション)に属する楽器は、「叩く」ものであるならば、ほぼ何でも打楽器になってしまうため、かなりの数にのぼります。

音楽大学の打楽器専攻で取り扱われる楽器だけでも相当数ありますが、その中で私が最近注目しているのが「教育用カスタネット」です。

今回はこのカスタネット演奏を例に、打楽器演奏がどうしたら効率よく熟達できるか、について書いてみたいと思います。

カスタネットってこんなに面白い楽器だったのか!

カスタネット

打楽器科に所属していた大学時代、カスタネットはほどんと演奏したことがなく、そもそもあまり眼中にない楽器でした。

しかし最近、ふとしたことでカスタネット演奏の動画を鑑賞し、「こんなに面白い楽器だったのか!」と、認識を新たにしたところです。

教育用カスタネット奏者:ミハルス☆アキ(山本晶子)さんのカスタネット演奏動画

あまちゃんでカスタネット

幼稚園や小学校にもありそうなカスタネットで、こんなに面白いことができるなんて!

私はさっそくカスタネットを購入し、動画を何度も鑑賞しつつ、練習しました。

最初の関門は、右手の3本(4本の場合もある)の指を順番に使って、連打する演奏でした。

指を順番に、カスタネットにあてていくだけだと、リズムがぎこちなくなったり、そもそも音が鳴らなかったりします。

さらに、カスタネットは木でできているため、何度も指があたると痛いんです。

練習しているうちに、指先が痛くなってきて、「ああ、なんでうまくいかないのかな?」と、早くも諦めモードに入りそうになりました。

その時、「指紋の中心を意識したらどうなるだろう?」とふと思い、さっそく、カスタネットを叩いている各指の、指紋の中心を感じ取るようにしてみました。

すると……。

何と不思議なことが!

指紋の中心にはしっかりとした力が自然に入りつつも、それ以外の指先の部分は、余分なりきみが消えてフワフワと柔らかくなり、吸盤のように楽器にピタリと吸い付く感覚が生まれてきたのです!

そうなると、もう連打も自由自在!

こんな記事も読まれています