- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

世界一難しい楽器、ホルンの魅力とは?

「あ〜、あのぐるぐるしたやつね」と人は言ってくれるけど、実はあまり知られていない楽器、ホルン。

そんなホルンに興味を持ってくれてありがとうございます!

ホルンという楽器は美しい音色を持つ、素晴らしい楽器です。

上の音から下の音まで幅広い音域を吹くことができ、オーケストラで大活躍するのも特徴です。

今日は興味を持ってくれたあなたにホルンの魅力をご案内します。

ホルンってどんな楽器?

まずはこの演奏を聴いてください。

Siegfried Horn Call

美しく力強い演奏ですね。

これがホルンです。

思ってたイメージと違いますよね?

そう、ホルンて力強い音で吹くこともできて、さらにきれいな音もでる、めちゃめちゃかっこいい楽器なんです!

オーケストラの花形金管楽器がホルン!

オーケストラの花形金管楽器がホルン!

https://visualhunt.com/

オーケストラではホルンが大活躍します。

時に美しいメロディーを奏で、力強くファンファーレを吹いたかと思えば、時に木管楽器や弦楽器に溶け込み美しいハーモニーを奏でます。

ホルンの持つやわらかな響きと柔軟な音色で、管楽器と弦楽器をつなぐ接着剤の役割も果たします。

ロングトーン(伸ばした音)ひとつで人をハッとさせ感動させることができる楽器でもあります。

歴史ある楽器

ホルンは歴史の古い楽器です。

金管楽器の中では1番歴史の古い楽器とも言われています。

ホルンはイタリア語でCorno(コルノ)、フランス語ではCor(コール)と言い、もともとは「角(ツノ)」の意味を持った言葉です。

最初は動物の角を吹いていたんです。

それが「ホルン」という楽器の始まりでした。

昔からさまざまな作曲家にも愛され、モーツァルトベートヴェンの時代からホルンは演奏にたくさん参加しています。

ここで、オーケストラの中で響くホルンの美しい響きを紹介します。

1:14あたりから聴いてください。

Weber : Der Freischütz Ouvertüre (Suitner/NHKso)

ウェーバーの「魔弾の射手」という曲です。

ソロで聴くのとはまた違った美しさがあります。

鳥肌が立つほど素晴らしいハーモニーですよね。

これがオーケストラで活躍するホルンです。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています