スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

楽器が上手くなる人の共通点とは?

同じ楽器なのにさまざまな音色が存在するのが音楽の楽しいところではないでしょうか。

その可能性は無限大。

その中でも楽器が上手くなる人、ならない人の違いには一体どんな違いがあるのでしょうか?

上達する人と上達しない人の違い

楽器

http://o-dan.net/ja/

これらはすべて個人練習、バンド練習に当てはまります。

簡単に表すとこういうことです。

上達しない人

  1. How?(どうやって練習するのか?)
  2. What?(何を練習するべきか?)
  3. What do you want?(習得して、何をやりたいか?)

上達する人

  1. Why?(なぜやりたいのか?)
  2. What do you want?(何をやりたいか?)
  3. What?(何を練習するべきか?)
  4. How?(どうやって練習するのか?)

上達する人としない人では「How?」の位置が違います。

練習方法や勉強方法などいくらでもありますが、「なぜやりたいのか」「どんなことをしたいのか」が必ず1番最初になければ、せっかくの練習も無駄なものになってしまう可能性があります。

上達しない人は1日6時間練習し、上達する人は1日2時間練習する

上達に練習時間は比例しません。

従って○○時間練習したからうまくなった!ということはありません。

練習をする時は漠然とした目標ではなく、これをできるようにする!と言う目標を決めます。

これは大きな目標でなくても構いません。

小さな目標を達成し続ける方が効果的です。

漠然とした目標では、例えば京都から東京に行くのに「いつか着くかなぁ」とただ闇雲に歩いているようなものです。

繊細な感覚をつかみ、自分の中の小さな感覚の変化に気付いてあげられると、30分の練習でも大きく上達できるでしょう。

目的のない6時間の練習より、目標のある2時間の練習の方が効果が出るのは言うまでもありません。

特に練習場所が限られている楽器の演奏者やバンド練習などの場合、短い時間で効率よく練習ができるように、明確な練習メニューを決め、集中して取り組むようにしましょう。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています