- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

誰からも好かれる音色、マリンバの魅力とは?

「マリンバ」という楽器をご存じでしょうか?

大型の木琴(もっきん)とイメージしていただけると、わかりやすいと思います。

ピアノやバイオリンのようにメジャーな楽器ではありませんが、演奏形態の多様さ、奏者による表現の幅の広さ、バリエーション豊かな曲目など、あまり一般には知られていない、隠れた魅力が満載の楽器なのです。

今回はそんなマリンバについてご紹介したいと思います。

マリンバの構造

マリンバの構造

マリンバは、白鍵と黒鍵からなる木(ローズウッド)の板でできた鍵盤(鍵盤の色はすべて木の色のまま)と、その下にある金属製の共鳴管(パイプ)、鍵盤全体を支えるケタ、側板(左右の枠)などからできており、各パーツを分解して運搬できます。

マリンバ製造メーカーにより音色が異なり、自分の好みの音が鳴る楽器を選ぶことが重要です。

マレットも実に多様な種類のものがさまざまなメーカーから出ており、著名なマリンビストがメーカーと共同開発したシグネチャー・マレットも販売されています。

マリンバの種類や奏法

規模の小さなマリンバで4オクターブ、大型になると5オクターブ半あります。

また低音に特化した「バスマリンバ」は、アンサンブルなどでベース音を担当します。

大型の楽器なので、全身を使ってアクティブに演奏します。

そして、基本はマレットを右手に1本、左手に1本、合計2本で演奏しますが、ソロ・マリンバでは片手に2本ずつ持ち、合計4本のマレットで演奏することが圧倒的に多いです。

初心者はまず、2本で演奏できるように練習し、熟達するにしたがって4本マレットでの演奏へと移行してゆきます。

4本マレットを持って演奏しているだけで「オオ~っ!」と感心されますよ。

バラエティー豊かなマリンバの世界

マリンバの演奏は本当に多種多様です。

実際の音を動画で聴いていただきつつ、解説したいと思います。

オーソドックスなところでは、クラシックの曲がマリンバ用にアレンジされています。

広島ジュニアマリンバアンサンブル

広島ジュニアマリンバアンサンブルの演奏です。

子ども達によって演奏されるマリンバですが、テクニックは大人を上回るほどで、聴いた人は必ず「スゴイ!」と感動されます。

次の動画は「Catching Shadows – marimba duo by Ivan Trevino」。

Catching Shadows – marimba duo by Ivan Trevino

デュオ(2人)による演奏で、マリンバの魅力が最高にひき出されています。

ミニマルミュージック的な現代音楽でありながらも耳になじみやすく、マリンバでしかできない表現がカッコいい!

そして「リツコエレクトロニカPV」

リツコエレクトロニカPV /松本律子(マリンバ)

日本人のマリンビスト、松本律子さんの演奏。

エレクトリックな音とマリンバのコラボレーションが、マリンバの新しい可能性と魅力をひき出しています。

この他にも、たくさんの素晴らしい演奏動画があるのですが、今回はこのくらいにして、また次の機会にご紹介したいと思います。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています