人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ドラムを速く叩きたい!2ビートを極める3つのポイントと効果的なドラム練習

「速い曲を叩きたい!」

ドラムをはじめられた方なら誰しもが憧れる奏法だと思います。

今回はロックドラムでは必ず身につけておきたい「2ビート」について解説したいと思います。

2ビート(ツービート)とはどんなビートなのでしょう?

8ビートはバックビート(「1.2.3.4」の「2」と「4」の所)にスネアが当てはまりますが、それを半分の「3」のみにスネアを入れるとハーフタイムとなり、テンポは同じでも曲に遅い印象を与えます。

その逆で「1と2と3と4と」の「と」(ウラ)にスネアを入れると、こちらはダブルタイムとなり曲に速い印象を与えることができます。

こちらをダブルビート、2ビートなどと呼び、ロック、ラウドロック、メタル、パンク、ハードコアなどさまざまなジャンルに応用されます。

参考動画:2ビートのサンプル演奏

2ビートを叩くために必要な基礎練習

2ビートを習得するためにはどんな基礎練習が必要になってくるのでしょう。

必要な要素として

  • ノリ
  • 分離
  • スピード

に焦点を当てて練習ができるとより良い2ビートが叩けるようになります。

1. 手足を交互に叩く練習

速いスピードで繰り返される2ビートにはそれぞれ独立させた動きが必要となります。

ここでは手足の分離を行っていきましょう。

参考動画:手足の分離

2. アップダウン奏法を習得する!

速い速度でハイハットを叩くため、またはリズムに抑揚を付けるためにも腕のひと振りの動作で行って帰ってを繰り返す奏法。

動きを分解するとダウンストロークとアップストロークを繰り返しています。

参考動画:アップダウン奏法

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています