- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

独特の美しい響き。ビブラフォンの魅力

ジャズの楽器として一般的には認知されているビブラフォンですが、実は、単にジャズというジャンルの枠だけに収まってしまう楽器ではなく、その可能性は無限大ともいえるほどの奥深さを秘めています。

今回は、ビブラフォンという楽器について紹介したいと思います。

ビブラフォンってどんな楽器?

「もし光を音で表わしたら、ビブラフォンのような音色になる」

ビブラフォンはそんな表現が似合いそうな、独特の美しい響きを持つ楽器なのです。

ビブラフォンの音が空間に響くと、そこに光や影、心象風景などが現出するかような、不思議な感覚が起こります。

言葉で説明するよりもまず、音を聴いていただきましょう。

Masayoshi Fujita|Story Of Waterfall I & II

Masayoshi Fujita – Story Of Waterfall I & II

ベルリン在住の日本人ビブラフォンプレーヤーであるMasayoshi Fujitaさんのこの曲には、ビブラフォンの魅力が存分に盛り込まれています。

ビブラフォンにおける究極の形ともいえるすばらしい演奏です。

ソロでこれだけの表現ができる楽器が、ビブラフォンなのです。

ビブラフォンの構造

ビブラフォンは、英語で「Vibraphone」と表記されますが、その名前は楽器の構造に由来しています。

ピアノの鍵盤と同じ配列で、3オクターブ(大型だと3オクターブ半)の鉄の音板が並び、その下に電気式のファンが回転していて、音にビブラートがかかるようになっています。

ファンの速度は自由に変えられるので、曲調に合わせて調整します(下の写真は音板を外したところ)。

ファンは金属製の共鳴パイプの上部についており、パイプは音板の響きを増幅させる働きをになっています。

足でダンパーペダルを踏むことで、ピアノと同じように音を延ばせるので、かなりピアノに近い、自由な表現が可能です。

音板、共鳴パイプ、側板など、各パーツは分解して運搬できます。

次にご覧いただく動画は、ファンを回転させない、ノンビブラートのビブラフォンによる演奏です。

Vienna|David Friedman

Vienna by David Friedman

ビブラートをかけると、ファンタジックで神秘的。

ノンビブラートだと、クリスタルのように透明でクリアー。

そんな変幻自在な楽器がビブラフォンなのです。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています