人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ギターを飛行機で運搬する方へアドバイス

ギター飛行機運搬シリーズ、最終章です。

長い道のりだった。

前回までのおさらいです。

ギターを飛行機で持っていきたい、です

ギターを飛行機で持っていきたい、です 2

最後にアドバイスもありますので、ぜひ参考になれば幸いでございます。

1. ドーハ→マプト

ギターケース

http://o-dan.net/ja/

成田→ドーハ間と同じカタール航空だったので、

「たぶん似たような対応してくれるだろう」

と楽観的に考えていました。

飛行機に乗った際のやり取り

自分:ギターを預けるスペースありますか?

乗務員A:お客様の席付近にいる、担当乗務員にお尋ねください。

〜席付近へ移動〜

自分:ギターはどこに置けばいいですか?

乗務員B:荷物棚にお入れください

普通に荷物棚に入れることができました

他の乗客の荷物スペースを占有するのは申し訳ない、と思いましたが、乗客数が少なかったため、荷物棚にかなり余裕がありました。

ドーハ→マプト間は、乗客が少ないので快適です

僕の席は、隣2席に誰もいない状態でした。

おぉ、これは横になって寝られるぞー!と興奮。

中国人がどこからともなく現れ、隣の隣の席に座るまでは

おそらく彼の正規の席は、隣に誰かが座っていたんだろう。

空いてる所に移動するのは違反ではないので、その行為自体は否定しない。

でも、ごちゃごちゃ動いてて居心地良くなかった、です。

阿部寛主演の映画を観て、耐えた。

映画『海よりもまだ深く』公式サイト

2. マプト→ナンプラ

空港

ドーハ→マプト間も無事通過し、モザンビーク入国。

モザンビークは僕にとってホーム。

日本のようにルールがしっかり定まってるわけではないので、

交渉すればなんとかなる、それがモザンビークだ。

首都マプト到着同日に、滞在地のナンプラ州までの航空便を予約していた。

マプト到着してすぐに国内便のチェックインカウンターへ行き、

チェックイン手続き。

チェックインカウンター

自分:このギター、手荷物でいいですか?

職員A:ダメ。それハードケースだから、預けなきゃダメ。

自分:え……今まで国際便で来たけど、手荷物OKだったよ。なんとかお願い!

職員A:う~ん、じゃああっちにいる上司に聞いてみて。

上司(と思いきや、上司不在だったので他の職員)とのやり取り

自分:すみません、さっき職員に尋ねたんですが、このギターなんとか手荷物で運べないですかね?

職員B:とりあえず搭乗まで持っていっていいよ。搭乗員と交渉してみて。

このような展開となりました。

ここまで来たら、何がなんでも手荷物で押し通す。

長旅でベタベタな身体とともに、戦闘態勢に入った。

と意気込んでいたが、手荷物検査前に、預け荷物のスーツケースのことで呼ばれた。

手荷物検査でも職員に絡まれましたが、無問題。

ホームのモザンビークで負けることは、許されない。

搭乗後

国内便は機体が小さいので、荷物棚も小さい。

入るか不安でしたが、ビジネスクラスの棚に空きがあったので、

乗務員にお願いして収納してもらいました。

……国内便もすんなり通過できた!

空港

写真は、僕が青年海外協力隊時代に住んでいた州の空港です。

本記事には何ら関係ありません。

3. ギター運搬結果

国内便も手荷物で通過し、滞在地のナンプラ州へ到着。

自宅へ着いてから、ギターの状態確認。

成田を出発してから、怖くて一度も確認できませんでした。

壊れてたら道中、テンションガタ落ちになるので、自宅まで中を見ないと決めてました。

さぁ、30時間ぶりの対面。

アコースティックギター

あ……無事だ!!

YAMAHAのギターは無事でした!

よくぞ日本からモザンビークまで来てくれた、ありがとう。

そんな感謝の気持ちを抱いて、その日は現地の自宅で就寝。

4. 総論 〜今後楽器を飛行機で運搬する方へ〜

今回の経験を踏まえて、今後楽器の運搬を考えている人へ、

以下のアドバイスを送ります。

  • 航空会社の規定を事前チェック
  • 預け荷物になった場合に備え、楽器をハードケース+緩衝材で厳重に包む
  • 楽器用の席を確保できるぐらいの財力を持つ
  • 小さめの楽器にする

一番安全に楽器を運搬する方法は、ビジネスクラスまたは、楽器用のエコノミー席を確保することでしょう、おそらく。

今回の僕の運搬成功は、運の要素もありました。

高額な楽器を運びたい時は、僕のような運否天賦な方法は避けてください。

この記事を筆者のサイトで読む

プロフィール

有限会社Moringa Mozambique代表取締役

Yachiro51

青年海外協力隊→開発コンサルタント→有限会社Moringa Mozambique代表取締役。

アフリカのモザンビークで起業した、社会人経験ほぼゼロの人間です。

ポルトガル語の学習法や、海外生活、起業、時々読書や将棋のことなどを書いていきます。

ブログ:http://yachiro51.hatenablog.jp

この著者・クリエイターへメッセージを送る

著者の記事一覧

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています