人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ロシア生まれのギター用プリアンプ。AMT ELECTRONICS SS-20

憧れの真空管サウンドを足下エフェクターで。

いつの時代もギタリストにとって、音の核となるプリアンプへのこだわり、いいかえれば信念が存在します。

今回はギタリストの間でも定評のある、AMT ELECTRONICS SS-20を紹介したいと思います。

AMT ELECTRONICSとは?

AMT ELECTRONICS(エーエムティーエレクトロニクス)

http://www.montreuxguitars.com

AMT ELECTRONICS(エーエムティーエレクトロニクス)はロシア生まれのメーカーです。

ロシアといえばELECTRO-HARMONIX社(エレクトロ・ハーモニックス)なども有名ですね。

ロシアのメーカーは技術力の高さも有名です。

80年代より電子楽器、機材を作製してきた老舗のブランドです。

旧ソ連時代は個人流通がメインでソ連崩壊後もロシア国内にとどまっていましたが、近年西欧方面や米国に進出したことで世界流通してきました。

日本では新興メーカーのイメージがありますが、歴史と実績のあるメーカーです。

プリアンプやアンプシミュレーター方面の制作に力を入れており、便利でクオリティの高い製品を数多く発表しています。

今回の機種、プリアンプSSシリーズや有名アンプサウンドを再現したシリーズが人気です。

参考:AMT ELECTRONICSについて

SS-20とは?

同社の代表的なモデルでペダルプリアンプに分類されます。

ラックタイププリアンプにも劣らない音質をペダルで実現!と謳(うた)われています。

音質は迫力があり、芯もしっかりしていて各モードともパワフルな印象を受けました。

これはトランジスタ回路とは違う真空管のサウンドがでていると思います。

3つのモードがありスイッチ操作でチャンネル切り替えができるのも実戦向きですね。

もちろんSEND-RETURN(センド・リターン)回路も搭載していますので音質の劣化やエフェクトの乗りが改善されます。

SEND-RETURN回路も搭載

そしてこれが今風ですが、キャビネットエミュレーターが搭載されたラインアウト(LINE OUT)端子があります。

これによりミキサーやパソコン(インターフェース)に直接接続し録音などに使用することができます。

まさに現代ギタリスト向けに設定されたプリアンプツールだと思います。

注意点はあくまでプリアンプとして扱うこと!

エフェクターと同じように考えていると能力を発揮できないどころか故障の原因にもなりますので、接続には要確認です。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています