バンド・楽器をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

今話題のアナログシンセサイザー14選

不安定な音色や、取り扱いの不自由さがこれまでに目立ってきたアナログシンセサイザーですが、ここに来て不便さの先に手に入る独特のサウンドに再び評価が高まっています。

PCM音源、物理モデリング、FM音源など、いろんな種類の音源方式がありますが、ここでは話題性のあるアナログシンセ(モジュラーシンセを除く)をピックアップし、特徴を挙げていこうと思います。

まず知っておきたい。シンセサイザーでよく出てくる用語解説

シンセサイザー

オシレーター

音色の波形を作り込む機能を指します。

その起源は、アナログシンセサイザーの基本波形を作る発振器、VCO(Voltage Controlled Oscillator) の事をオシレーターと言っていたことに由来します。

基本波形は、ノコギリ波、パルス波、三角波、サイン波などのシンプルな波で、その波形の形をオリジナルに作り出すこともできます。

シンセボイス

シンセサイザーの同時発音数を表します。

例えば32ボイスと言えば、同時に32音までが出力が可能である事を示しています。

後述のポリフォニックやモノフォニックと同意であるとお考えください。

アルペジエーター

鍵盤で和音を弾くだけで連続的なアルペジオを演奏する事ができる機能を指します。

アルペジオのパターンは選択可能となっている事が多く、上昇、または下降方向に順次発音するのが基本で、上昇/下降を往復したりさらに複雑なパターンが選択、あるいは組み立てられるようになっているものも機材によっては準備されています。

フィルター

VCOで作られた音は次にVCF(Voltage-controlled filter)へ送ります。

フィルターという名称で呼ばれることが多いです。

主に「音色」の調整を行います。

アナログシンセサイザーでは倍音を「増やす」という概念はほとんどありません。

引き算的方法で音づくりを進めていきます。

いくつか種類があり、LPF(ローパスフィルター)、BPF(バンドパスフィルター)、HPF(ハイパスフィルター)などの減算方式があります。

ポリフォニック

シンセサイザーの場合は、同時に出せる音の数には制限が付いていることが多く、その音数を超える演奏情報を入れると、発音されないことがあります。

ポリフォニックは一つの音色について同時に複数の音が出せるかどうかであり、複数の音色を同時に出せる事をマルチティンバーとも呼ぶことがあります。

モノフォニック

楽器、シンセサイザーに関してモノフォニックというのは、一つしか音が出ず、和音を発音できません。

これに対して和音を出せる事を前述した「ポリフォニック」と言います。

初期のアナログシンセサイザーのほとんどが、モノフォニックでした。

最近のシンセサイザーはモノフォニック仕様である事はまれで、大抵の場合はモノフォニックのモードが準備されています。

つまり「ポリ/モノ」というような表記で切換が行えるようになっています。

リードやベースなどのパートで使用される事が多く、特にポルタメントをかける場合はモノフォニックでないとぎこちない音色になることも。

こんな記事も読まれています