スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

クラシックとメタルの共通点とは?ピアニストの私がBABYMETALを編曲し続ける理由

童謡楽譜わらべえでBABYMETALのピアノ編曲スコアを提供しているのですが「なぜBABYMETAL編曲楽譜を作ったのか」「なぜクラシック専門の私が、他ジャンルにあえてチャレンジし続けるのか」素直な気持ちも含めて紹介したいと思います。

編曲のきっかけは身近なレッスンだった

BABYMETAL Gimme chocolate!! – Piano Solo / ギミチョコ!!- ピアノソロ

子供達を教えていて、童謡をよく使います。

一緒に歌ったり、一緒に弾いたり……。

でもその楽譜や伴奏譜が魅力のないものはとても多いです。

メロディーだけが伝えられているものが多いからでしょう。

曲の長さを変えなくても、もっとハーモニーを工夫したら、素敵な曲になるのに、といつも思っていました。

そこで、童謡楽譜をレベル別で編曲することを思いつきました。

いくつかの童謡を編曲して録画して出版、を少し繰り返したところで、BABYMETALの情報が入ってきました。

私はメタルは専門外なので、初めは無視していました。

しかし、夫がメタル好きで、だんだん無視できなくなってきていたところでした。

「編曲してみたら」とのすすめがあり、真剣に聴くようになりました。

うまくいったら、楽譜を出版しよう!という話になり、プライドをかけて取り組み始めたわけです。

音楽の世界を広げてくれた

メタルとは、失礼ながら「ただうるさいだけの音楽」と思ってきた私ですが、そこからBABYMETALのファンになるまで、心の中では、ものすごい勢いで変化が起こりました。

メタルというジャンルを理解できるまで1年以上かかりましたが、BABYMETALを編曲することで、ずっとBABYMETALを聴くことになり、自分なりに理解ができるようになりました。

今では、メタルの音楽に内在するメッセージや音楽性に敬意を覚えます。

また、ジャンルの違う2つのジャンルをすることにより、エネルギーのかけ方がより強くなりました。

新ジャンルにチャレンジすることにより、ワクワク感が増しました。

クラシックを勉強してきた私にとって、真面目にメタルに取り組む自分がとても不思議で、さらにそれに熱中する私がもっと不可解でした。

「メタルは不真面目」という考えが、どこかにあったのかもしれません。

人生は不思議なものだ、と何度も思ったものでした。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています