- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

著者プロフィール

野々口毅

25才頃よりプロ活動を開始。

インディーズレーベルでのレコーディングやライブ、セッションなどにおいて、ロックからジャズ、R&Bまで幅広い音楽を経験。

2001年よりヤマハポピュラーミュージックスクール・ベース科の講師として、後進の指導にもあたり、2005年より、自己のジャズバンドにて活動。

主にフレットレスベースを自在に駆使し、メロディーやソロを積極的に奏でるそのスタイルは、大いに注目を集める。

同時に、ベースソロでの書家とのコラボレーション、jazzセッションの開催や、クラシック・POPS系吹奏楽団(東京吹奏楽団...etc)・各地のビッグバンド・ボーカルサポートなど、多彩な活動を展開。

2009年、自身の活動の拠点として、「jazz unit DRASCO(ドラスコ)」を結成。

アルバム「Theater」発表。

その独創的な楽曲は、ジャンルという特定のカテゴリーに収まるものではなく、そのベース奏法スタイルとともに、さらなる注目を集める。

2013年より、ユニット「藍色の空」に参加。

アルバム「金と銀」作成。

オリジナル曲4曲を提供する。

2014年、Diners Club Social Jazz Session 2013-14において、最優秀ベーシストとして選出。

続けて行われたブルーノート東京での公演において、Lee Ritenour(G)、Patrice Rushen(Key)、神保彰、Abe Laboriel、クリスタル・ケイらと共演。

現ヤマハポピュラーミュージックスクール・ベース科講師。

ウッドベースの奏法も取り入れた独自の理論に基づき、基礎を最重視したレッスンを展開。

個人個人に合わせた音色の構築、およびジャズ等におけるアドリブ手法まで、楽しく、幅広く指導を行っている。

ウェブサイト:http://eleacobass.com

著者の人気記事

あなたにオススメ

編集長のピックアップ記事