プロフィール

プロドラマー・インストラクター・プロデューサー

堀尾哲二

1957年京都生まれ。

3歳よりピアノ、14歳よりドラムを独学で始める。

19歳より関西を中心にライヴ活動を始め、27歳から10年間東京を拠点に活動。

メジャーシーンでさまざまな経験を積む。

1994年から活動拠点を京都に移しレコーディングスタジオを建設。

プロデュース活動の傍ら精力的にライヴも行う。

2007年自身がドラマーでもあるバンド「FRIDGE」を結成。

ニューヨークでのレコーディングをプロデュース。

全12曲を自身が作曲のオリジナルで固める。

2008年、師匠である故・塩次伸二のツアーバンドであった「4029」を「8823」と改名し、残ったメンバー(自身も含む)によるアルバムをプロデュース。

2018年6月には塩次伸二没後10年を記念してトリビュートアルバム「Long Distance Call From Kyoto」をプロデュース。

以降この二つのバンドによる全国規模のツアーを年間100本以上のペースで精力的に続けている。

そして、後進育成とミュージシャンの交流の場を築くべく、Live Spot RAGにて月に一度、“堀尾哲二のかかってきなさいジャムセッション”を主宰。

ブルース&ファンクを中心に日々熱いミュージックシーン作りに取り組んでいる。

以下は主な共演者一覧。

グレッグ・フィリンゲンス(Key)ポウリーニョ・ダ・コスタ(Per)ジェリー・ヘイ(Tp)ポール・ジャクソン(Bs)塩次伸二(Gt)、永井ホトケ隆(Vo)、上田正樹(Vo)、亀渕友香(Vo)、小島慶喜(Key)、トモ藤田(Gt)等。

故・塩次伸二と共 にミュージシャン役で映画出演が2本。

共演者に桃井かおり、奥田瑛二、内藤剛志、藤竜也等

ウェブサイト:http://www.folio-music.com

この著者・クリエイターへメッセージを送る

著者の記事一覧