スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

ベースコードでジャズ定番の「枯葉」を弾いてみよう!

マイナーセブンスフラットファイブを用いてジャズ定番の枯葉のコード進行を弾いてみましょう!

前回はベースコード、メジャーセブンス(◯M7)マイナーセブンス(◯m7)の例をあげました。

回は上記の2つと前々回でやっていたセブンスコード(◯7)との合せ技に加えマイナーセブンスフラットファイブ(◯m7b5 、◯-7b5、◯φ)やってみましょう。

マイナーセブンスコードファイブ(◯m7b5)とは

前回ド、ミb、ソ、シbのマイナーセブンスコード(Cm7)です。

マイナーセブンスフラットファイブはド、ミb、ソb、シb、別名ハーフディミニッシュとも表記します。

略号では(C-7b5、Cφ)などと表記します。

響きとしては暗いんだけど妙に絶望感ある感じです。

この2つの形です。

ベースコード(マイナーセブンスフラットファイブ)

上記の左の4弦ルートの場合はローポジションだとローインターバルリミットで濁って(にごって)しまうかもですね。

その場合、ルートとb5度を分けて弾くほうが良いかもしれません。

またちょっと変わったおさえ方で以下の方なものもあります。

結構ストレッチになりますね。

ベースコード(マイナーセブンスフラットファイブ)

3

ジャズの定番曲「枯葉」のコード進行を弾いてみよう

上記の4種類のコードを使用して、かなり多種多様な曲が弾けてきます。

ジャズ定番曲「枯葉」を弾いてみましょう。

「枯葉」ベースコード

2人で演奏する場合

前回同様ベースラインを弾く方、和音を弾く方に分かれた演奏例を作成しました。

和音の流れも重要ですが、ベースラインと和音のラインは互いに合いの手を入れるようなリズムになっているのもポイントです。

「枯葉」ベースコード(2人で演奏用)

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています