Ballad@RAG
バラードをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:738,177 view

バラードの名曲、おすすめの人気曲

いつも私たちの心に寄り添い、心を癒やしてくれるバラードの数々。

きっとあなたにもお気に入りの1曲があると思います。

しかし、今まであまり聴いていないバラードの名曲も聴いてみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、邦楽のバラードの名曲を編集部で厳選しました。

この記事でたっぷり紹介していきますので、ぜひ聴いてみてくださいね!

もくじ

【選曲について】この記事は編集部が独自の調査結果を元に作成したものです。掲載順は読者からの「ランキングを上げる」「ランキングを下げる」ボタンなども考慮し毎日更新します。取り上げてほしい曲やおすすめのアーティストがございましたらリクエストフォームよりお知らせください。

バラードの名曲、おすすめの人気曲

海の幽霊米津玄師

幻想的で壮大なバラードです。

「Lemon」や「ピースサイン」「アイネクライネ」などで知られるシンガーソングライター、米津玄師が歌っています。

2019年に配信シングルとしてリリース。

アニメ映画「海獣の子供」の主題歌に起用され、話題になりました。

米津玄師は原作ファンで、もしこの作品が映像化されるのであれば自分が音楽を担当したいと思っていたそうです。

HAPPY BIRTHDAYback number

片思いの気持ちを相手に伝えられない様子が歌われている、ちょっぴり切ないラブバラードです。

群馬県出身の3ピースバンド、back numberの楽曲で、2019年にリリースされたアルバム「MAGIC」に収録されています。

飾らない、まっすぐな歌声に心が揺さぶられますね。

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」の主題歌に起用され、話題を呼びました。

恋人失格みゆはん

香川県出身のシンガーソングライター、みゆはんの楽曲です。

2019年にリリースのセカンドアルバム「闇鍋」に収録されています。

切なくて胸が痛くなる失恋ソングで、男性目線の曲ですが、とくに、若い女性なら共感できるはず。

作詞作曲はシンガーソングライターのコレサワが担当。

コレサワの楽曲「たばこ」のアンサーソングです。

Baby Mine竹内まりや

長年日本の音楽シーンで活躍し続けている女性ミュージシャン、竹内まりやの楽曲です。

2019年にリリース。

映画「ダンボ」の日本語版主題歌に起用されました。

歌詞につづられたまっすぐな言葉が胸の奥底まで染み込んでくるようです。

疲れてるな、なぜだか不安だな、なんて感じた時に聴けば元気がもらえるかもしれません。

さよならくちびるハルレオ

恋人と別れる瞬間が歌詞につづられている、胸締め付けられる失恋ソングです。

2人組女性ギターデュオ、ハルレオが歌っています。

曲と同名の映画「さよならくちびる」主題歌として制作されました。

ハルレオ自体も、劇中に登場するユニットです。

作詞作曲はシンガーソングライター、秦基博が手がけています。

ぜひとも映画もご覧ください。

SAYONARA DOLL小さな恋のうたバンド

映画「小さな恋のうた」の劇中で登場する、小さな恋のうたバンドによる楽曲です。

原曲はロックバンドMONGOL800が2011年にリリースしたアルバム「etc. works 2」に収録。

世界への問いかけを歌っている、非常に強い歌詞のメッセージ性が印象的。

小さな恋のうたバンドの若々しい雰囲気がいいですね。

中島みゆき

音楽配信サイトでも上位にランクしている中島みゆきの糸ですが、幅広い世代から支持されています。

その理由にはこの楽曲のファンであるアーティストがカバーしているからです。

ミスチルの桜井やクリスハートなど実力派がカバーしているのを若い世代が聴き、今も好評を得ているのです。

スキマスイッチ

フジテレビ系「4夜連続ドラマ「卒うた」第3夜」主題歌としてロングヒットを続け、今もカラオケでく歌われています。

切ないサウンドとボーカルの甘い歌声にとても癒やされます。

多くのアーティストがカバーしている名曲です。

手紙~拝啓 十五の君へ~アンジュラ・アキ

J-POPのバラードを語るなら、アンジェラアキのこの曲は欠かせない存在です。

この曲はもともと、2008年のNHK全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲として書き下ろされました。

歌詞は彼女自身が15歳のときに、未来の自分宛てに書いた手紙がベースになっています。

聴いているだけでいろいろな思いがこみ上げてくる名曲です。

涙そうそう夏川りみ

この曲は森山良子が作詞をし、BEGINが作曲を手掛け、森山良子が歌っていた曲を夏川りみがカバーして大ヒットしました。

森山の兄が若くして亡くなったことがきっかけで兄を思う曲として作られたそうです。

優しい沖縄の風と風景が浮かんでくるような名曲です。

おすすめの記事あわせて読みたい