人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【バンドグッズの作り方】定番のTシャツ・ステッカーから変わり種アイテムまで

オリジナルのバンドグッズを作りたい!

バンドTシャツタオル缶バッジリストバンド…誰しもお気に入りのバンドのグッズを一つや二つお持ちではないでしょうか。

ライブハウスや音楽フェス会場に行くと、必ずといっていいほど様々なバンドのオリジナルグッズが販売されてます。

「そんなグッズを自分達のバンドでも作りたいな」と思っている方も多いと思います。

もくじ

グッズを作成するメリットって?

バンドグッズ

現代の音楽シーンでバンドが生き残るためには、自分たち自身でバンドをプロモーションしていかなければなりません。

ライブ活動や音源リリースをしていく中で、バンドの個性をさらに発揮させるためにはバンドグッズの存在は欠かせません。

グッズを販売してそこから得た利益を活動資金にできるのもメリットの一つですが、それよりもファンに対して「自分達の存在価値」を高めていくことのほうが重要な役割だと思います。

例えば、物販で「Tシャツが一枚売れた」となると、購入したお客さんは既にそのバンドのファンとなっているのです。

それらが、その後のバンド活動のモチベーション高めてくれるのではないでしょうか。

グッズを売ることそれ自体をバンド活動の目標とせず、あくまで自分達の音楽を広めるための一つのマーケティングツールとして上手く活用していきましょう。

デザインが命!

バンドグッズ

グッズはデザインが命です。

特にロゴは、バンドイメージを左右するものになります。

参考:カッコいいバンドロゴを作成したい!デザインと作り方

そのデザインは自分達で作成するか、デザイナーの方や業者に依頼するかになります。

自分達でできない場合でも、イメージを伝えるとデザイン作成までしてくれるグッズ専門店もあります。

もしくはクラウドソーシングサービスを活用して、デザイナーさんに依頼してみてはどうでしょうか。

参考:音楽系クラウドソーシングまとめ

どうやってつくるの?

イラストレータ

基本的な手順です。

  1. まずデザインロゴ作成
  2. グッズ専門店にお問い合わせ・お見積もり
  3. 入稿、お支払い
  4. 入稿データチェック
  5. 量産作業
  6. 納品

今は小ロットから製作可能なところも多い!

ダンボール

一度にたくさん製作するとトータル金額で安上がりになることが多いのですが、長い目でみると売れ残りや「旧デザインと新デザインが混合する」などの問題が起こってきます。

今は小ロット(少ない注文)から対応してくれるところも多いので、単価は若干上がりますが在庫リスクはそのぶん軽減されます。

初めてバンドグッズを注文するときは、まずは小ロットから始めてみることをおすすめします。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています