人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

人気バンドに見る、バンド名の決め方その傾向と対策

バンドマンの皆さんなら、必ず「バンド名を決める」場面に遭遇すると思います。

メンバーで話し合って決める、発言力の強いリーダーが提案する、くじで決める、辞書をめくりながら決める、色んなパターンがあるとは思いますが、その場のノリや思いつきで決めてしまうことも多いのではないでしょうか?

後悔しないために

頑張って活動していると、将来有名になったりメジャーデビューの話が持ち上がったりするかも知れません。

そう言う時に、「しまった……。なぜバンド名を『ふんどしブラザーズ』にしたんだろう」などと後悔しないように。

また、情熱を注いでおこなうバンド活動だから、思いの詰まったバンド名にもしたいですよね。

今はインターネットで知ったり、CDショップで試聴して知ったりということが多いとは思いますが、ラジオでたまたま聴いて知ったという場合など、いかに覚えてもらえるバンド名かというのも重要な点かと思います。

では、バンド名の決め方として、どういう点に気をつければいいのでしょうか?

現在人気のあるバンドはどのようなバンド名を付けているのか、そこにヒントがあるのではないかと思い、ざくっと調べてみました。

ちょうど大学生が選ぶ好きなバンドランキングという資料があったので、そちらの上位100組を対象とさせていただきました。

単語数から見るバンド名と傾向

1単語:25組(例)サカナクション、相対性理論、[Alexandros]

長所

  • 短いので覚えやすい
  • インパクトが強い

短所

  • バンドサウンドを想起させるのは難しい
  • 選択肢が多くはない

2単語:45組(例)フジファブリック、東京事変、チャットモンチー

長所

  • 組み合わせの自由度が高くオリジナリティが出しやすい

短所

  • 若干長くなる
  • 多いパターンなので似た感じにはなる

3単語:23組(例)ASIAN KUNG-FU GENERATION、BUMP OF CHICKEN、9mm Parabellum Bullet

長所

  • 発音した際リズムがいい

短所

  • 言葉のセレクトにセンスが要求される

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています