人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

忘年会・新年会の余興・出し物【2019】

「忘年会や新年会の幹事や余興を担当することになってしまった……」

この時期になるとよく聞く声ですよね。

とくに職場の忘年会や新年会となれば、断りたくても断れないものです。

さらには、「手短に済ませてほしい」「毎年同じ余興のだから今年は違うことをしてほしい」など、手強い要望に困惑されている幹事さんも多いのではないでしょうか?

「参加者みんなで楽しめる余興を提案したいけれど、最近の流行には詳しくないし……」

「かと言って、会場を凍らせてしまうのも怖い……」

こんな風に考え始めるとなかなか決められませんよね。

そこで、まずは余興を提案するときに押さえておくべき合言葉を3つお伝えしましょう!

それは、

  • 老若男女問わず、みんなが楽しめる
  • 簡単でわかりやすい
  • 下品すぎるネタはNG

この3点です。

ここさえしっかりと押さえられていれば、すてきな余興になること間違いなし!

しかし、「具体的なアイディアが思い浮かばないし、準備にもあまり時間をかけたくないんだよな……」とお悩みの方も多いはず。

そこで、簡単にできて、手短に済ませられる定番の余興や、流行している出し物ネタを厳選して紹介しますね!

大人数向けの余興

年末ジャンケン宝くじ

豪華景品を1つ用意して、社長とジャンケンをして勝ち残った最後の一人が豪華景品をもらえるというもの。

忘年会最後にもう一盛り上がりをさせたいときに使えるネタです!

大勢いる場合に盛り上がるシンプルな出し物です。

PARFECT HUMAN

オリエンタルラジオの話題のネタ、PARFECT HUMANです。

衣装をそろえ、振り付けを覚え、格好よく踊ってみましょう!

盛り上がることまちがいなしです!

またダンスをコピーするだけではなく、大人数でアカペラで披露したり、替え歌を作ってみてもおもしろそうですね。

スピード漢字対決

チーム対抗で制限時間内に指定された偏やつくりの漢字をできるだけ多く書くというシンプルなゲーム。

もちろん正しいものを多く書いたチームの勝ちです。

存在しない漢字を創作してしまったり、チーム内で書いた漢字が被ったり、想定外のことが起きるのも醍醐味です。

マルバツクイズ

定番のクイズです。

会場内で◯ゾーンと×ゾーンを区切り、司会者がクイズを読み上げ少しの時間シンキングタイムを設けた後、◯ゾーン×ゾーンをロープなどで区切り正解を発表する。

そしてそれを何度も繰り返す、といったわかりやすい流れです。

出題する問題はそのグループ内にまつわるものを出題し、徐々に暴露系のクイズにしていくのもおもしろいのではないでしょうか。

少人数向けの余興

とことん突き詰める少人数向けの余興が盛りだくさん

ホームパーティや人が少ない飲み会などで盛り上がりそうなネタをピックアップしています。

少ない人数だからこそ、全員参加できるネタを仕込んでおいたほうが、ネタのおもしろいところを深く追求できます。

この規模なら身内ネタでも全然問題なしだと思います。

スキャットマンジョンのモノマネ

何年たっても使いまわせるはやり廃りのないモノマネです。

スキャットマンジョンのモノマネなんて難しくてできないよと言われそうですが、できない場合はスキャットマン風の衣装に身を包むだけでOKです。

曲をかけて「アイムスキャットマン」というパワーフレーズだけを大声で叫んでください。

それだけでウケます。

あったかいんだからぁ

みなさんご存じ、クマムシの「あったかいんだからぁ」を歌ってしまいましょう。

そろそろ下火?飽きられてきた?そんなの関係ないです。

美声で「あったかいんだからぁ」と歌ってみると案外ウケるでしょう!

アカペラでもいいですが、アコースティックギターの演奏を入れたり、豪華にフルバンドセットで歌ったりするのもいいでしょう!

歌が上手でなくても、演奏でカバーしましょう。

歌詞を替え歌にするのもアリですよ。

iPhoneのパスワードを当てる手品

iPhoneの電卓を使って、パスコードを当てるという、新しいマジックです。

パスコードが数字なら何桁でも当てられます。

手順は少し多いですが、成功すればきっと盛り上がること間違えなしですね!

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています