Sideshow@RAG
余興・出し物をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

忘年会・新年会の余興・出し物【2019】

「忘年会や新年会の幹事や余興を担当することになってしまった……」

この時期になるとよく聞く声ですよね。

とくに職場の忘年会や新年会となれば、断りたくても断れないものです。

さらには、「手短に済ませてほしい」「毎年同じ余興のだから今年は違うことをしてほしい」など、手強い要望に困惑されている幹事さんも多いのではないでしょうか?

「参加者みんなで楽しめる余興を提案したいけれど、最近の流行には詳しくないし……」

「かと言って、会場を凍らせてしまうのも怖い……」

こんな風に考え始めるとなかなか決められませんよね。

そこで、まずは余興を提案するときに押さえておくべき合言葉を3つお伝えしましょう!

それは、

  • 老若男女問わず、みんなが楽しめる
  • 簡単でわかりやすい
  • 下品すぎるネタはNG

この3点です。

ここさえしっかりと押さえられていれば、すてきな余興になること間違いなし!

しかし、「具体的なアイディアが思い浮かばないし、準備にもあまり時間をかけたくないんだよな……」とお悩みの方も多いはず。

そこで、簡単にできて、手短に済ませられる定番の余興や、流行している出し物ネタを厳選して紹介しますね!

少人数向けの余興

トイレットペーパー巻き巻き

チーム分けをし、各チームの前にロープにかかったトイレットペーパーを用意します。

そして合図で順番にトイレットペーパーを巻いていきます。

早く巻けたチームが勝ちです。

おしぼりアート

ちょっとの工夫でどこにでもあるおしぼりが立派なアートに!

「ヒヨコ」や「土下座する人」あたりでつかみはバッチリ!?

おえかきしりとり

文字通り、言葉ではなく絵でしりとりするんです。

二人目が有利にならないように、はじめに何の文字から始まっているかは1人目だけが知ってるようにするか、2人目だけは聴こえないように耳栓をして始めましょう。

最後の答え合わせまで楽しめそうなゲームです。

遊び方

  1. 最初の人が絵を描きます。
  2. 次の人はその絵を見て、語尾の文字で始まるものの絵を描きます。

これを順番に繰り返します。

ゲームの終了

パターン1:普通のしりとりと同じで、「ん」で終わる言葉の絵を描いてしまうとゲーム終了です。

その絵を描いた人が負けです。

パターン2:次の人が絵を勘違いして、違う頭文字で始まる物の絵を描いてしまった場合も負けで、ゲーム終了です。

絵のクオリティが高くても低くても楽しめるのがいいですね。

記憶力絵心クイズ

これはアプリを使ったゲームです。

お題があって、それを自分の記憶をたどってお絵描きをするといったものです。

記憶力だけでなく絵心も問われるので大変盛り上がると思います!

アプリじゃなく、小さなスケッチブックなどでもできると思うので、ぜひ挑戦してみてください!

分厚い雑誌を素手で破る対決

「早く破れた方が勝ち」など、ルールを決めて競い合います。

古い雑誌などを活用して、お安い予算で遊べますよ。

ハズレは誰だ!

質題者全員に演技力を要し、皆をいかにだませるか。

このゲームは質題者と回答者のばかし合い。

質題者をランダムにクジなどで選出、だいたい3人ぐらいがベストですね。

選ばれた人は目の前にある飲み物を飲む。

飲み物は人からは見えず、1つの飲み物は辛かったり苦かったり酸っぱかったり。

回答者は質題者が飲んだ反応を見て誰がハズレなのか当てるというゲーム。

もし、宴会で上司がいい感じだったらおひねりをお願いしてみては?

何人以上だますか、もしくはバレないかを決めてもらってスタート。

上司の言った条件を達成したのなら、今日の宴会費をだしてもらっちゃいません?

これならハズレの人もそうじゃない人にも、回答者にも楽しんでもらえる条件かも。

あなたの演技力が全てを握る!

豆バトルロイヤル

ストローで豆を吸い上げてそれを維持、最後まで落とさずに残った人が勝ちとなるゲームです。

維持した状態で司会者の合図でゲームスタート。

参加者は互いに体やストローをぶつけ合って相手の豆を落としにかかります。

しかしあまり動きすぎると自分の豆が落ちてしまうといった駆け引きのあるゲームです。

なんでもありになってしまわないように「手は使わない」などある程度のルールを設定しておくといいでしょう。

過去暴露話

本日は無礼講。

みんなの過去を暴露しあうイベントです。

今の自分をさらけ出してもらいましょう。

それが朗報悲報はわかりませんが、きっと楽しい余興になること請け合いですね。

カクテルショー

ゲストを楽しませながらおいしいカクテルを作るフレアバーテンダーになって、オリジナルカクテルを作りましょう!

限定ジャンケン

ギャンブル漫画カイジに登場するゲームです。

グー、チョキ、パー、のカードを各4枚胸に貼る星を三つ配られカードをテーブルに伏せカードをオープンにしてジャンケンをします。

買ったら星を相手からもらえます。

負けてもあいこでも勝負に使用したカードは回収されます。

負けの条件は三つあり時間内にカードを使いきれなかったり、使い切れても星が二つ以下であったり、星をなくしてしまえば負けです。

漫画が好きなら盛り上がると思います。

知らなくても罰ゲームなどを決めてスリルを味わい頭脳戦をしたら楽しいと思います。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます