余興・出し物をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

忘年会・新年会の余興・出し物【2019】

「忘年会や新年会の幹事や余興を担当することになってしまった……」

この時期になるとよく聞く声ですよね。

とくに職場の忘年会や新年会となれば、断りたくても断れないものです。

さらには、「手短に済ませてほしい」「毎年同じ余興のだから今年は違うことをしてほしい」など、手強い要望に困惑されている幹事さんも多いのではないでしょうか?

「参加者みんなで楽しめる余興を提案したいけれど、最近の流行には詳しくないし……」

「かと言って、会場を凍らせてしまうのも怖い……」

こんな風に考え始めるとなかなか決められませんよね。

そこで、まずは余興を提案するときに押さえておくべき合言葉を3つお伝えしましょう!

それは、

  • 老若男女問わず、みんなが楽しめる
  • 簡単でわかりやすい
  • 下品すぎるネタはNG

この3点です。

ここさえしっかりと押さえられていれば、すてきな余興になること間違いなし!

しかし、「具体的なアイディアが思い浮かばないし、準備にもあまり時間をかけたくないんだよな……」とお悩みの方も多いはず。

そこで、簡単にできて、手短に済ませられる定番の余興や、流行している出し物ネタを厳選して紹介しますね!

少人数向けの余興

顔面ストッキングバトル

1対1の格闘技ゲームです。

お互いストッキングをあごまでしっかりとかぶります。

双方のストッキングの先端をしっかりと結びます。

そしてお互い背を向けて、合図とともに頭で引っ張り合います。

先に脱げたほうが負け、のシンプルなルールです。

しかしこのゲームは勝ち負けは大きな問題ではありません!

おもしろい顔が見られればそれでいいんです。

いつもはクールな彼も、いつもはキュートな彼女も、このゲームに出てしまうと無力。

なす術もなくブサイクになります。

会場は爆笑とカメラを構える人であふれかえるでしょう。

余興でやる場合は、あらかじめリハーサルをしてすぐにストッキングが脱げないように工夫することも重要です。

本番前からおもしろい顔になる人を見つけることもできます!

即興ラップバトル

その名のとおり2名が即興のラップで戦うものです。

日頃の相手への不満や思っていることを互いにぶつけ合いましょう。

クオリティは必要ないです、下手でたどたどしい方がおもしろいんです。

キリのいいところで回っていくターン制が奇麗に見えると思います。

即興と言っていますが、「最後は互いに褒めあって抱擁で終わる」や「悪いところを言いすぎて片方が泣く」などシナリオ(オチ)を決めておくのもおもしろいかもしれません。

野球拳

じゃんけんをし、負けた方が服を脱ぐドキドキハラハラのゲーム「野球拳」。

始めにある程度ルールを決めておかないと大変なことになります。

腕相撲大会

とてもシンプルで誰でもわかる腕相撲大会です。

トーナメント形式でやっていくとよいかもしれません。

シンプルすぎるのでは?と思われますが、誰もが知っているのとわかりやすい勝敗で盛り上がることまちがいはないでしょう。

音楽で白熱した演出をするのもよいかもしれません。

ボンバーマン大会

ゲーム機と「ボンバーマン」を用意して、プロジェクターやスクリーンでプレイします。

最大4人でプレイできるので、盛り上がます!

ボンバーマンでなくても、分かりやすいテレビゲームならOKです。

アプリ「ボンバーマン」のリンクが見つかりませんでした。

限定ジャンケン

ギャンブル漫画カイジに登場するゲームです。

グー、チョキ、パー、のカードを各4枚胸に貼る星を三つ配られカードをテーブルに伏せカードをオープンにしてジャンケンをします。

買ったら星を相手からもらえます。

負けてもあいこでも勝負に使用したカードは回収されます。

負けの条件は三つあり時間内にカードを使いきれなかったり、使い切れても星が二つ以下であったり、星をなくしてしまえば負けです。

漫画が好きなら盛り上がると思います。

知らなくても罰ゲームなどを決めてスリルを味わい頭脳戦をしたら楽しいと思います。

樽美酒研二メイクで登場

出オチの最たるものですが、ゴールデンボンバーの樽美酒研二のメイクで余興に登場してください。

別にゴールデンボンバーの歌を唄う必要はありません。

マジックをしても良いですし、全く関係のない歌手のカラオケを唄っても大丈夫です。

メイクをしているというだけでウケます。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています