Sideshow@RAG
余興・出し物をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

忘年会・新年会の余興・出し物【2019】

「忘年会や新年会の幹事や余興を担当することになってしまった……」

この時期になるとよく聞く声ですよね。

とくに職場の忘年会や新年会となれば、断りたくても断れないものです。

さらには、「手短に済ませてほしい」「毎年同じ余興のだから今年は違うことをしてほしい」など、手強い要望に困惑されている幹事さんも多いのではないでしょうか?

「参加者みんなで楽しめる余興を提案したいけれど、最近の流行には詳しくないし……」

「かと言って、会場を凍らせてしまうのも怖い……」

こんな風に考え始めるとなかなか決められませんよね。

そこで、まずは余興を提案するときに押さえておくべき合言葉を3つお伝えしましょう!

それは、

  • 老若男女問わず、みんなが楽しめる
  • 簡単でわかりやすい
  • 下品すぎるネタはNG

この3点です。

ここさえしっかりと押さえられていれば、すてきな余興になること間違いなし!

しかし、「具体的なアイディアが思い浮かばないし、準備にもあまり時間をかけたくないんだよな……」とお悩みの方も多いはず。

そこで、簡単にできて、手短に済ませられる定番の余興や、流行している出し物ネタを厳選して紹介しますね!

ゲームネタ

モッツァレラチーズゲーム

いつの間にかはやっていた、このゲーム。

ルールは簡単です。

順番に「モッツァレラチーズ」と言っていくだけ。

しかし、徐々にテンションを上げていかなければなりません。

だいたい、序盤の2、3番目ぐらいでありえなくらいテンションを上げて叫ぶ人がいたりしますね。

確実に笑いは起きると思います。

ぜひ、お試しあれ!

パンティーパンティーゲーム

とても盛り上がるリズムゲームです。

動画を見てもらうのが一番早いですが、指名された人が「パンティパンティー、パンティパンティー」と手の動きに合わせて言い、そのとき指名された人の左右の人は「ノーパンティ、ノーパンティー」とこちらも手の動きに合わせて言います。

言うセリフを間違えたり、手をつけるのを忘れたりすると負けです。

テンポが速い方が盛り上がりますね。

31(サーティーワン)ゲーム

こちらも数字を順番に言うのですが、一人につき1〜3まで自由にカウントできます。

最後に31を言った人が負けです。

自分に31が回ってこないように調整しながらカウントしていきましょう。

例えば「1、2」「3」「4、5、6」「7、8」という感じです。

31間際のときに自分に近い人がどれだけカウントするかとてもスリルがあっておもしろいです。

人狼ゲーム

メジャーな人狼ゲームです9人で対戦するゲームでカードが配られます。

市民5人、騎士2人、人狼2人でゲームを開始します。

朝に会議して多数決で処刑される人を決めます。

人狼を二人処刑できれば市民が勝ちます。

夜に人狼が市民を殺せ騎士は殺せません騎士は一人守れます。

人狼と市民の数が同じになれば人狼の勝ちです。

お互いにうそを付いたり駆け引きが楽しいゲームです。

わさびゲーム

すしをいくつか用意し、その中のひとつには大量にわさびが入っていて、誰が大量のわさびすしを食べているか当てるゲームです。

出演者はわさびが入っていなくても全力でリアクションします。

そのリアクションを見て、誰が食べているか当ててもらうシンプルなゲームです。

椅子取りゲーム

みんなが椅子を取りあう姿は観ている方も楽しいものです。

広い場所を確保しましょう!

NGワードゲーム

本人にはみえないように額にそれぞれのNGワードを書いた紙を貼ります。

参加者は自分以外のNGワードをみて、そのワードを言わせるように誘導します。

会話中にそのNGワードを言ってしまった人は脱落していき、最後まで残った人が優勝です。

相手が自分に何を言わせようとしているか、優れた洞察力が試されます。

炙りカルビゲーム

言いづらい「あぶりカルビ」をかまずに言うゲームです。

前の人が1回いえば次の人は2回以上、また次の人は前の人の言った回数以上言わないと負けです。

一人目が10回から始めてもOKです。

得意な人は自分の番の時にたくさん回数を稼ぐのもおもしろいですね!

背中に文字で伝言ゲーム

一列に並んで後ろの人が前の人の背中に文字を書き、文字を書かれた人は何が書かれたかを判断して同じ文字を前の人に書き、それを繰り返して最後の人がその文字を当てる伝言ゲームです。

ピンポンパンゲーム

数人で輪になり、時計回りに順番に「ピン→ポン→パン→ピン→ポン→パン……」と一人ずつ言っていきます。

その時「パン」の人だけ、「パン」と言いながら誰かを指差してください。

そして指を差された人が「ピン」…これを繰り返します。

手拍子するなどしてリズムに合わせて、スピードをどんどん上げながら行いましょう!

「パン」の人が指差しを忘れたり、「パン」の左隣が指を指されていないのに「ピン」と言ってしまったり、「ピン」や「ポン」の人が指差しをしてしまったり、「パン」で指を指されたのに「ピン」と言わなかった人が負けです。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます