人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

忘年会・新年会の余興・出し物【2019】

「忘年会や新年会の幹事や余興を担当することになってしまった……」

この時期になるとよく聞く声ですよね。

とくに職場の忘年会や新年会となれば、断りたくても断れないものです。

さらには、「手短に済ませてほしい」「毎年同じ余興のだから今年は違うことをしてほしい」など、手強い要望に困惑されている幹事さんも多いのではないでしょうか?

「参加者みんなで楽しめる余興を提案したいけれど、最近の流行には詳しくないし……」

「かと言って、会場を凍らせてしまうのも怖い……」

こんな風に考え始めるとなかなか決められませんよね。

そこで、まずは余興を提案するときに押さえておくべき合言葉を3つお伝えしましょう!

それは、

  • 老若男女問わず、みんなが楽しめる
  • 簡単でわかりやすい
  • 下品すぎるネタはNG

この3点です。

ここさえしっかりと押さえられていれば、すてきな余興になること間違いなし!

しかし、「具体的なアイディアが思い浮かばないし、準備にもあまり時間をかけたくないんだよな……」とお悩みの方も多いはず。

そこで、簡単にできて、手短に済ませられる定番の余興や、流行している出し物ネタを厳選して紹介しますね!

少人数向けの余興

直感テイスティング

目隠しし、鼻をつまんだ状態で食べ物を当てるゲームです。

参加者はアイマスクで目を隠し、洗濯ばさみで鼻をつまみイスに座ります。

進行役が参加者の口の中に、スプーンで食べ物を入れてやり、参加者は口の中の食べ物を、食感や味覚をフル回転して探ります。

進行役の合図で答えを言います。

信じるものはあなたの味覚のみです!

ゲームネタ

新年会にもピッタリなゲーム

景品やプレゼントや罰ゲームを用意している場合に使えるゲームネタ!

思わず必死になってしまうゲームばかりをピックアップしています。

余興ができる時間枠、勝ち負けの判定ルールをまず把握しておき、その中でしっかり結果が出るネタを選定しましょう。

こうすることで急なルール変更やオチに対応できます。

ラッキースリーゲーム

順番に数字を言っていくのですが、3の倍数と3の付く数字のときは声に出さずに手を叩きます。

「1」「2」(パン)「4」「5」(パン)のように。

わかりやすくいえば3の倍数と3の付く数字のときにアホになる例のアレと同じです。

12と忘れやすい13の時の手拍子は続くので気を付けましょう。

慣れてきたらテンポアップするのも良いですね!

ポーズ合わせゲーム

ポーズ合わせゲームその名の通りポーズを合わせるゲームです。

二人一組になりカウントしお題に合わせたポーズが同じならポイントが入ります。

ポイントの多いチームの勝ちです。

ポーズが違えば笑いが生まれ同じポーズならポイントが入ります。

イヤホンガンガン伝言ゲーム

このゲームはすることは伝言ゲームとかわらず順番に伝えていって最後の人にもちゃんと届くかといったゲームです。

ただひとつ違うのは、全員イヤホンをして音楽を流しながらするという点です。

客観的にみたらすごくおもしろく、最後にはありえない文章になっていたりして盛り上がると思います!

イヤホンの音楽は大音量だと耳に良くないので気をつけてください。

ドレミの歌ゲーム

このゲームは「ドーはドーナツのドー」でおなじみのドレミの歌を使ったゲームです。

内容は、「ド」といったらドのパートを歌い、「ソ」といったらソのパートを歌うといういたって単純なものです。

しかし案外、バラバラに指定されると混乱して他のパートのメロディで歌ったりしてしまいます。

盛り上がることまちがいなしだと思いますのでぜひチャレンジしてみてください!

王様ゲーム

飲み会での鉄板ゲームをさらに大規模に。

やり方は簡単!

  1. 参加者が各自くじを引きます。
  2. 全参加者の「王様だ〜れだ?」などの掛け声にあわせ、王様くじを引いたものが名乗り出ます(王様は必ず1人が望ましいです)。
  3. 王様は「○番が○で○○をする」「○番と○番が○○をする」などの「命令」を出します。
  4. 指名された者は「○番だ〜れだ?」の掛け声にあわせ名乗り出て、命令内容を実行します。
  5. その時点でくじを回収し、次の回へ進みます。

単純ながら盛り上がることまちがいなし!

ハイテンションゲーム

テレビ番組ガキの使いでも時々催されている、とにかく全力でネタをするゲームです。

何人かに出場してもらい、オーディエンスに誰が一番ハイテンションだったかを決めてもらいます。

シンプルで非常におもしろいゲームです。

基本的にルールはなく、なにをやってもいいですが、ハイテンションでやりましょうという感じです。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています