余興・出し物をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

忘年会・新年会の余興・出し物【2019】

「忘年会や新年会の幹事や余興を担当することになってしまった……」

この時期になるとよく聞く声ですよね。

とくに職場の忘年会や新年会となれば、断りたくても断れないものです。

さらには、「手短に済ませてほしい」「毎年同じ余興のだから今年は違うことをしてほしい」など、手強い要望に困惑されている幹事さんも多いのではないでしょうか?

「参加者みんなで楽しめる余興を提案したいけれど、最近の流行には詳しくないし……」

「かと言って、会場を凍らせてしまうのも怖い……」

こんな風に考え始めるとなかなか決められませんよね。

そこで、まずは余興を提案するときに押さえておくべき合言葉を3つお伝えしましょう!

それは、

  • 老若男女問わず、みんなが楽しめる
  • 簡単でわかりやすい
  • 下品すぎるネタはNG

この3点です。

ここさえしっかりと押さえられていれば、すてきな余興になること間違いなし!

しかし、「具体的なアイディアが思い浮かばないし、準備にもあまり時間をかけたくないんだよな……」とお悩みの方も多いはず。

そこで、簡単にできて、手短に済ませられる定番の余興や、流行している出し物ネタを厳選して紹介しますね!

ゲームネタ

Who Am I ?

みなさん、一度はやったことがあるのではないでしょうか!

「私は誰でしょうゲーム」です!

選んだお題を周りの人に見えるよう額につけ、「私は○○ですか?」の問いに周りの人がYES or NO で答えていきます!

いくつかヒントを得たら自分が誰なのかを答えましょう!

背中で伝言ゲーム

伝言ゲームです。

一列に並んで後ろの人が前の人の背中に文字を書き、文字を書かれた人は何の文字か判断して同じ文字を前の人の背中に書く、というのを繰り返します。

最後の人がその文字を当てるというゲームです。

スキンシップにもつながりそうですよね。

くすぐったいのが苦手な人には少し苦痛かもしれませんね。

お箸使いゲーム

このゲームはいかにお箸の持ちかた、使い方が奇麗かというのがバレてしまうゲームです。

小豆や大豆などの小さな豆をお箸で何個つかめるかを競うゲームです。

お箸の持ちかた以前に集中力も関わってくるので楽しいゲームではないでしょうか。

結構有名なゲームで、ルールも単純なので道具の用意さえできればチャレンジしやすいゲームだとおもいます!

ウインクキラーゲーム

鬼を決めて鬼にウインクされたら負け!

ウインクされる前に鬼を見つけ出せば勝ちというシンプルなルールですが熱中してしまうことまちがいなし!

普段はクールな人のウインクするところがみられるというのも盛り上がるポイントですね。

ストップウォッチゲーム

子供の頃、陸上や水泳などレース系の部活に所属していた人は多いでしょう。

10秒ぴったりを狙いストップウォッチを止めるゲームです。

【遊び方】司会や幹事が1〜10の数字が書かれた紙を用意。

箱からランダムで取り出し、その秒数をぴったり当てられた人に賞品をあげましょう。

人数が多いとストップウォッチが足りなくなるので、チーム戦にするのもいいかもしれませんね。

参考動画はただの10秒で止めているところです。

案外難しいですよね。

芯まで一緒ゲーム

男女ペアを作り、そのペアで二人のおでこにトイレットペーパーの「芯」を2本はさみます。

その状態で目的の場所まで早く到達できるまでを競います!

合コンなどで盛り上がるかもしれませんね。

罰ゲームネタ

入念な準備で会場を盛り上げる罰ゲームたち

ゲームで負けたらやってもらう罰ゲームも事前に設定しておきましょう!

罰ゲームも意外にオイシイと感じてもらえて積極的に参加してもらえれば場の空気は必ず盛り上がります。

ただ事故が起きないようにしっかり想定しておくのが幹事さんの最大の役割だと思います。

あらかじめリハーサルをしておくなどの準備は必要です。

メントス入りコーラ一気飲み

コーラにメントスを入れると噴き出す反応が起きる…あの現象を宴会の1発芸として行います。

口にメントスを含んで行うのもよし、コーラーのペットボトルに入れて行うのもよし!

本番のときは周辺が汚れてもいいように、ブルーシートやキッズ用のプールを用意しておきましょう!

事前にどんな現象が起きるか、お風呂場などで必ずリハーサルしてから行いましょう。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています