余興・出し物をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

忘年会・新年会の余興・出し物【2019】

「忘年会や新年会の幹事や余興を担当することになってしまった……」

この時期になるとよく聞く声ですよね。

とくに職場の忘年会や新年会となれば、断りたくても断れないものです。

さらには、「手短に済ませてほしい」「毎年同じ余興のだから今年は違うことをしてほしい」など、手強い要望に困惑されている幹事さんも多いのではないでしょうか?

「参加者みんなで楽しめる余興を提案したいけれど、最近の流行には詳しくないし……」

「かと言って、会場を凍らせてしまうのも怖い……」

こんな風に考え始めるとなかなか決められませんよね。

そこで、まずは余興を提案するときに押さえておくべき合言葉を3つお伝えしましょう!

それは、

  • 老若男女問わず、みんなが楽しめる
  • 簡単でわかりやすい
  • 下品すぎるネタはNG

この3点です。

ここさえしっかりと押さえられていれば、すてきな余興になること間違いなし!

しかし、「具体的なアイディアが思い浮かばないし、準備にもあまり時間をかけたくないんだよな……」とお悩みの方も多いはず。

そこで、簡単にできて、手短に済ませられる定番の余興や、流行している出し物ネタを厳選して紹介しますね!

忘年会・新年会の余興・出し物【ベスト20選】

今年の漢字

巨大な紙と巨大な筆を用意します。

「えいやっ」の掛け声と共に大胆に筆を振るいます。

忘年会であれば毎年行われる「今年の漢字」のように、仲間内で盛り上がる「これぞ」という字を書きましょう。

新年会であれば書き初めですね。

「無病息災」などといったすてきな言葉を書きましょう。

きっと盛り上がります。

社歌熱唱

勤めている会社に社歌や社訓がある場合、大声で熱唱しましましょう!

ない場合は…事前に作曲するか、フリースタイルの即興で行いましょう。

「熱意・気持ち」を込めれば込めるほど盛り上がります。

社長も盛り上がり、会社がひとつにまとまるシンプルな出し物です。

あいうえお作文

「あいうえお作文」とは、単語の各文字をそれぞれ頭文字にして文章を作ることです。

チームに分かれてお題となる文字を設定します。

チームごとにあいうえお作文を考え、発表していきます!

一番おもしろかったチームに景品をあげましょう。

ネクタイ早結び競争

まず男性と女性がペアを組みます。

そして、司会の合図と共に、女性はペアとなっている男性の首にネクタイを結びます。

早く結ぶのを競い合うゲームで、ほとんどの女性は普段ネクタイを結び慣れていないので、男性がうまく誘導し指示を出すことがコツになってきます。

参加していないお客さんも楽しめるので、会場も盛り上がるのではないでしょうか。

テーブルクロス引き

かくし芸では定番のネタです。

最初はプラスチックのコップなどで練習するのがよさそうです。

短い時間で盛り上がることまちがいなしの余興です。

うまくなったらコップを積み重ねてやるとより盛り上がりそうですよね。

他の余興の後に一発芸として決めるのも盛り上がりそうです。

ドキドキお年玉交換

お年玉の袋の中にもらえる景品にあわせた番号札と、その景品を手に入れるためにやってもらわなくてはいけないパフォーマンスを記入し用意しておきます。

そして参加者全員にお年玉の袋を配り、順番にお年玉の袋を開けていって、パフォーマンスを披露してもらいます!

時間がない場合は、パフォーマンスをしなくても景品をもらえるラッキー袋を多めに準備しておきましょう!

簡単な余興

忙しいあなたのためのお手軽余興ネタ

時間がない!人が集まらない!など、なかなかネタの準備を開始できなくお悩みではないですか?

でも大丈夫!

簡単な余興もたくさん存在します。

時間がないのならアイデア勝負!

大掛かりなネタでなくても盛り上がるポイントだけを押さえておけば、こちらのペースに巻き込めます。

横文字禁止パーティー

アルファベットやカタカナなどの「横文字を話したら負け」と言うシンプルなルールです。

例えば「スマートフォン」なら「電子通信機付携帯電話」です(笑)。

どこまでの範囲でルールを設定するか(時間を制限する、特定の人など)は、さまざまです。

初めは会話しにくいかもしれませんが、盛り上がったら楽しいと思います!

もちろん負けたら罰ゲームを行いましょう。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています