人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

忘年会・新年会の余興・出し物【2019】

「忘年会や新年会の幹事や余興を担当することになってしまった……」

この時期になるとよく聞く声ですよね。

とくに職場の忘年会や新年会となれば、断りたくても断れないものです。

さらには、「手短に済ませてほしい」「毎年同じ余興のだから今年は違うことをしてほしい」など、手強い要望に困惑されている幹事さんも多いのではないでしょうか?

「参加者みんなで楽しめる余興を提案したいけれど、最近の流行には詳しくないし……」

「かと言って、会場を凍らせてしまうのも怖い……」

こんな風に考え始めるとなかなか決められませんよね。

そこで、まずは余興を提案するときに押さえておくべき合言葉を3つお伝えしましょう!

それは、

  • 老若男女問わず、みんなが楽しめる
  • 簡単でわかりやすい
  • 下品すぎるネタはNG

この3点です。

ここさえしっかりと押さえられていれば、すてきな余興になること間違いなし!

しかし、「具体的なアイディアが思い浮かばないし、準備にもあまり時間をかけたくないんだよな……」とお悩みの方も多いはず。

そこで、簡単にできて、手短に済ませられる定番の余興や、流行している出し物ネタを厳選して紹介しますね!

忘年会・新年会の余興・出し物【ベスト20選】

君の名は

アニメ映画「君の名は」になぞらえた男女ペアでやる一発芸です。

女性の服を男性が、男性の服を女性が着て登場。

お互いに顔を合わせたところで例の決めゼリフ「私たち(俺たち)入れ替わってる?」といってスタート。

お互いのモノマネをします。

しゃべり方や普段のしぐさなどに個性のある人がやるとおもしろそうです。

周りのツッコミももちろんありですよ。

錯覚ダンス

やはり忘年会・新年会で盛り上がる出し物といえばダンス!

ですがダンスは難しくて練習する時間が足りない、最近のアイドルなどのダンスだと全員が盛り上がれない、といった問題がありますね……。

しかし、この錯覚ダンスなら衣装をそろえれば後は足をあげるだけ!

簡単かつ世代を問わず楽しめるのでおすすめです!

社歌熱唱

勤めている会社に社歌や社訓がある場合、大声で熱唱しましましょう!

ない場合は…事前に作曲するか、フリースタイルの即興で行いましょう。

「熱意・気持ち」を込めれば込めるほど盛り上がります。

社長も盛り上がり、会社がひとつにまとまるシンプルな出し物です。

箱の中身はなんだろなゲーム

テレビ番組でもおなじみ、箱の中に手を入れ、中に何が入っているかを当てるゲームです。

用意するものは基本的には箱のみです。

中に入れるものを工夫してみましょう!

スライムやたわしなど、触れた途端に驚くような触感のもの、また大きな箱を作って人が入り、誰かを当てるゲームをしてみてらおもしろそうですね。

ネクタイ早結び競争

まず男性と女性がペアを組みます。

そして、司会の合図と共に、女性はペアとなっている男性の首にネクタイを結びます。

早く結ぶのを競い合うゲームで、ほとんどの女性は普段ネクタイを結び慣れていないので、男性がうまく誘導し指示を出すことがコツになってきます。

参加していないお客さんも楽しめるので、会場も盛り上がるのではないでしょうか。

テーブルクロス引き

かくし芸では定番のネタです。

最初はプラスチックのコップなどで練習するのがよさそうです。

短い時間で盛り上がることまちがいなしの余興です。

うまくなったらコップを積み重ねてやるとより盛り上がりそうですよね。

他の余興の後に一発芸として決めるのも盛り上がりそうです。

簡単な余興

忙しいあなたのためのお手軽余興ネタ

時間がない!人が集まらない!など、なかなかネタの準備を開始できなくお悩みではないですか?

でも大丈夫!

簡単な余興もたくさん存在します。

時間がないのならアイデア勝負!

大掛かりなネタでなくても盛り上がるポイントだけを押さえておけば、こちらのペースに巻き込めます。

たたいて・かぶって・ジャンケンポン!

勝った方はハンマーで相手をたたき、負けた方はヘルメットでそれを防ぎます。

まちがって相手をたたいたり、攻撃を防ぎきれなければ負けです。

たたいて・かぶって・ジャンケンポン

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています