余興・出し物をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

忘年会・新年会の余興・出し物【2019】

「忘年会や新年会の幹事や余興を担当することになってしまった……」

この時期になるとよく聞く声ですよね。

とくに職場の忘年会や新年会となれば、断りたくても断れないものです。

さらには、「手短に済ませてほしい」「毎年同じ余興のだから今年は違うことをしてほしい」など、手強い要望に困惑されている幹事さんも多いのではないでしょうか?

「参加者みんなで楽しめる余興を提案したいけれど、最近の流行には詳しくないし……」

「かと言って、会場を凍らせてしまうのも怖い……」

こんな風に考え始めるとなかなか決められませんよね。

そこで、まずは余興を提案するときに押さえておくべき合言葉を3つお伝えしましょう!

それは、

  • 老若男女問わず、みんなが楽しめる
  • 簡単でわかりやすい
  • 下品すぎるネタはNG

この3点です。

ここさえしっかりと押さえられていれば、すてきな余興になること間違いなし!

しかし、「具体的なアイディアが思い浮かばないし、準備にもあまり時間をかけたくないんだよな……」とお悩みの方も多いはず。

そこで、簡単にできて、手短に済ませられる定番の余興や、流行している出し物ネタを厳選して紹介しますね!

簡単な余興

心理テスト

女性が多い職場や学校のイベント

アプリ「99%見抜く!

マル見え心理テスト」のリンクが見つかりませんでした。

にオススメです!

心理テストネタ一覧

YES・NOコイン

用意するものは、ハンカチとコイン数枚だけ!

質問に対して、YESならコインの表、NOならコインの裏を出して答えます。

答えを示したコインをハンカチで覆って、隠したコインをシャッフルしハンカチをどかして回答をチェックするのも、誰が答えたのかわかりませんよね。

普段聴けない質問や、きわどい質問をして大勢でやると盛り上がります。

大人数向けの余興

みんなで楽しめる全員参加のメインイベント

たくさん人が集まる場合は、できる限り全員参加できるネタを用意しておいていたほうが盛り上がります。

練習が必要だったり、アイテムをたくさん用意するネタだけではなく、あえて参加のハードルを低く設定するのもポイントですね。

メインイベントに設定すると当日も楽しみになってきそうですね!

ペンパイナッポーアッポーペン

Twitterで中高生を中心に大きな話題を呼んだピコ太郎の楽曲PPAPこと「ペンパイナッポーアッポーペン」。

独特のリズムと思わず口ずさんでしまう語感の良さ!

ジャスティン・ビーバーがTwitterでお気に入りとつぶやいたことから世界的な人気に!

小さい頃の写真あてクイズ

事前に小さい時の昔の写真を参加者からもらっておいて、スクリーンに映し出します。

クイズ形式にして見るのもありですが、順番にスクリーンに映し出すことのもありです!

会社の飲み会でなどで盛り上がることまちがいなし!

おもしろい写真・今とのギャップがある写真をできるだけお借りするようにしましょう。

定番中の定番!モノマネ!

モノマネ、これはもう定番中の定番でしょう。

芸人のネタをまねるのもあり、日常のあるあるをおもしろおかしく披露するのもあり、モノマネならなんでもオッケー!

当日までに真剣に練習に取り組みクオリティの高いもので周囲を驚かせましょう!

また二次会でカラオケに行かれることが多いですよね!

声マネで歌うのもインパクトがあります。

B’zや長渕剛など、声に特徴のあるミュージシャンのマネをすればさらに盛り上がることまちがいなしです!

江南スタイル

もはや説明不要のYouTube再生回数20億回超え、国際的に話題となったしたPSYの「江南スタイル」です。

上司がコミカルに踊るさまは、人気アップまちがいなし。

PARFECT HUMAN

オリエンタルラジオの話題のネタ、PARFECT HUMANです。

衣装をそろえ、振り付けを覚え、格好よく踊ってみましょう!

盛り上がることまちがいなしです!

またダンスをコピーするだけではなく、大人数でアカペラで披露したり、替え歌を作ってみてもおもしろそうですね。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています