Sideshow@RAG
余興・出し物をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

忘年会・新年会の余興・出し物【2019】

「忘年会や新年会の幹事や余興を担当することになってしまった……」

この時期になるとよく聞く声ですよね。

とくに職場の忘年会や新年会となれば、断りたくても断れないものです。

さらには、「手短に済ませてほしい」「毎年同じ余興のだから今年は違うことをしてほしい」など、手強い要望に困惑されている幹事さんも多いのではないでしょうか?

「参加者みんなで楽しめる余興を提案したいけれど、最近の流行には詳しくないし……」

「かと言って、会場を凍らせてしまうのも怖い……」

こんな風に考え始めるとなかなか決められませんよね。

そこで、まずは余興を提案するときに押さえておくべき合言葉を3つお伝えしましょう!

それは、

  • 老若男女問わず、みんなが楽しめる
  • 簡単でわかりやすい
  • 下品すぎるネタはNG

この3点です。

ここさえしっかりと押さえられていれば、すてきな余興になること間違いなし!

しかし、「具体的なアイディアが思い浮かばないし、準備にもあまり時間をかけたくないんだよな……」とお悩みの方も多いはず。

そこで、簡単にできて、手短に済ませられる定番の余興や、流行している出し物ネタを厳選して紹介しますね!

大人数向けの余興

ヒゲダンス

お子様から大人まで楽しめる定番の余興ネタ「ヒゲダンス」です。

練習は必要ですが、成功した時の盛り上がりは最高ですね!

お宝品オークション

先輩が大切にしていたあの楽器、社長が使っていた高級品、会社で使っていない備品などを数点用意してオークションします。

物ではなくても「△△と△△できる権利」を用意してもいでしょう。

オークションはもちろん1円からスタートします。

入札はその場で行い、スピード感を出してどんどん盛り上げていきましょう!

バルーンアート

よく大道芸で見られる、風船を使って犬やウサギ、帽子や剣などさまざまなものを作るバルーンアート

見てる側もヒヤヒヤしながらも見入ってしまいますよね。

練習をすれば誰でもできるようになります。

用意するものは風船と専用の空気入れ。

フルーツバスケット

小学生のころにたっぷり遊んだレクリエーションゲームの定番フルーツバスケット。

宴席の席替えに有効です。

フルーツで班分けせず、「総務部の人」「パワーポイントが得意な人」「ガラケーの人」など、大人のカテゴライズでフルーツバスケットを楽しんでください。

親交を深められますよ。

人間ピラミッド

学生時代の運動会・体育祭などで「人間ピラミッド」をやったことがある人も多いのではないでしょうか。

完成を記念撮影するなどしたら思い出に残ると思います!

プロの芸人さんによるサプライズ・ショー

プロの芸人さんによるサプライズな余興ショーなら、クオリティもお墨付き盛り上がることまちがいなし。

ダンディ坂野さんや猫ひろしさん、エスバー伊東さんなどベテラン芸人さんになると結婚式の余興にもひっぱりだこだそうです。

組体操

組体操とは道具を使用せず体のみを用いておこなう集団芸術で、代表的なものとして、二次元波、人間ロケット(大砲)、風車、ヘリコプター、歩行人間城壁、歩行ピラミッド、人間起こし(カタパルト)、三段壁、カタル-ニャ式ピラミッドポセイドンの柱回転三段円塔瞬間直立三段円塔三段平面塔四段円塔、などがあります。

組体操競技の巨大化がエスカレートしていった結果、過去31年の間に88件もの事故が起きたといわれています。

軽いノリや飲酒での演技は絶対にしないよう、しっかりとした指導のもと安全対策には十分に注意しましょう。

ミュージックベル 演奏

一人で二つのベルを持って合奏する余興です。

練習しないと即興ではむずかしいかもしれませんが、きっとたくさんの拍手をもらえることうけあいです。

ミュージックベルというとクリスマスの印象もあるかと思いますが、最近ではミュージックベル用の楽譜も販売されていてその時の雰囲気に合わせて選曲できそうです。

ライザップやってみた(ダイエットビフォーアフター)

今話題のダイエット方法の結果を披露するというものです!

太っている時の状態(ビフォー)を写真や映像で保管しておき、結果を披露する当日に同時に発表しましょう!

長い月日やレコードが必要となるので、事前から計画的に行う様にしましょう。

会場にいる人を感動・盛り上げるのには「ストーリー」が重要です。

輪になってどんぐりころころを踊ろう

初対面の人たちが打ち解けるためのレクリエーション「アイスブレイク」として人気の「どんぐりころころダンス」です。

輪になって大人数で左右にいる人のひざを叩き合います。

新年会、忘年会、新歓コンパなど、あまり親しくない人たちが多数いる会場で取り入れると、ぐっと距離感が縮まりますよ。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます