Sideshow@RAG
余興・出し物をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

忘年会・新年会の余興・出し物【2019】

「忘年会や新年会の幹事や余興を担当することになってしまった……」

この時期になるとよく聞く声ですよね。

とくに職場の忘年会や新年会となれば、断りたくても断れないものです。

さらには、「手短に済ませてほしい」「毎年同じ余興のだから今年は違うことをしてほしい」など、手強い要望に困惑されている幹事さんも多いのではないでしょうか?

「参加者みんなで楽しめる余興を提案したいけれど、最近の流行には詳しくないし……」

「かと言って、会場を凍らせてしまうのも怖い……」

こんな風に考え始めるとなかなか決められませんよね。

そこで、まずは余興を提案するときに押さえておくべき合言葉を3つお伝えしましょう!

それは、

  • 老若男女問わず、みんなが楽しめる
  • 簡単でわかりやすい
  • 下品すぎるネタはNG

この3点です。

ここさえしっかりと押さえられていれば、すてきな余興になること間違いなし!

しかし、「具体的なアイディアが思い浮かばないし、準備にもあまり時間をかけたくないんだよな……」とお悩みの方も多いはず。

そこで、簡単にできて、手短に済ませられる定番の余興や、流行している出し物ネタを厳選して紹介しますね!

大人数向けの余興

空き缶積み競争

制限時間を設け、その間に空き缶をいくつ積み上げられるかを競います。

動画は個人戦ですが、チーム戦にして順番に積むとおもしろいかもしれませんね。

最下位の人に罰ゲームがあったり、王様ゲームのように1位のチームが他のチームに罰ゲームをさせたりするとおもしろそうです。

thrity

TBS系列のテレビ番組「スポーツマンナンバーワン決定戦」にて行われていた競技です。

2〰4人1組で行います。

1人ずつ順番に、1から30までの自然数の中から1つもしくは連番の2つの数字をコールし(例:24、25)、既にコールされた数字を言うか詰まった場合、敗けです。

全ての数字がコールされた場合、最後のコールをした人が勝ちです。

シンプルですが非常に難易度の高いゲームで、記録係と紙とペンさえあればどこでもできるのもポイントが高いですね。

紅白歌合戦

参加者を「紅組」と「白組」に分けます。

組み分けは男女別でも、年齢別でも大丈夫です。

組み分けが終わったら、カラオケの精密採点で「紅組」と「白組」が交互に得意の曲を歌い合います。

フルコーラスだと長いので、サビまでぐらいがちょうどいいかもしれません。

総合得点が高い方の勝ちです。

宴会にカラオケは定番ですから、きっと盛り上がるでしょう。

エアバンド

バンドをやってない人も絶対楽しめることまちがいなし!

「エア」楽器を本気で演奏しちゃいましょう!

演奏よりステージング、テクニックよりノリが重要なエンターテインメント・ショーです。

ぴったり飲みまショー

挑戦者の数だけコップに入れた飲み物を用意し、その前に目隠しをした挑戦者に並んでもらいます。

司会者の「◯センチ飲んでください」の言葉を合図にストローで飲み物を飲んでもらいます。

全員が飲み終わったら挑戦者のコップをものさしでチェックし、司会者の指示に一番近い人が勝ちといったゲームです。

同時に「指示から一番遠かった人には罰ゲーム」といった内容にしても良いかもしれません。

年末ジャンケン宝くじ

豪華景品を1つ用意して、社長とジャンケンをして勝ち残った最後の一人が豪華景品をもらえるというもの。

忘年会最後にもう一盛り上がりをさせたいときに使えるネタです!

大勢いる場合に盛り上がるシンプルな出し物です。

メイクアップ対決

チームに分かれて行います。

モデルとなるのは、チーム内の男性!

制限時間を設け、みんなでモデルである男性にメイクを施していきます。

最終的にうまくできたチームの勝利です。

ガチで勝利を狙うか、ウケを狙って勝利をつかみ取るか……それはチーム次第です!

定番中の定番!モノマネ!

モノマネ、これはもう定番中の定番でしょう。

芸人のネタをまねるのもあり、日常のあるあるをおもしろおかしく披露するのもあり、モノマネならなんでもオッケー!

当日までに真剣に練習に取り組みクオリティの高いもので周囲を驚かせましょう!

また二次会でカラオケに行かれることが多いですよね!

声マネで歌うのもインパクトがあります。

B’zや長渕剛など、声に特徴のあるミュージシャンのマネをすればさらに盛り上がることまちがいなしです!

PARFECT HUMAN

オリエンタルラジオの話題のネタ、PARFECT HUMANです。

衣装をそろえ、振り付けを覚え、格好よく踊ってみましょう!

盛り上がることまちがいなしです!

またダンスをコピーするだけではなく、大人数でアカペラで披露したり、替え歌を作ってみてもおもしろそうですね。

絵描き歌伝えまSHOWにチャレンジ

紙とペンを複数人に渡し、何の絵描き歌かわからない状態で音楽を聴きながら絵を描いてもらうゲームです。

うまくかけても盛り上がりますが、うまく描けなかったらもっともりあがります。

紙とペン以外の準備がいらず、誰でも参加できる鉄板ゲームです。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます