余興・出し物をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

忘年会・新年会の余興・出し物【2019】

「忘年会や新年会の幹事や余興を担当することになってしまった……」

この時期になるとよく聞く声ですよね。

とくに職場の忘年会や新年会となれば、断りたくても断れないものです。

さらには、「手短に済ませてほしい」「毎年同じ余興のだから今年は違うことをしてほしい」など、手強い要望に困惑されている幹事さんも多いのではないでしょうか?

「参加者みんなで楽しめる余興を提案したいけれど、最近の流行には詳しくないし……」

「かと言って、会場を凍らせてしまうのも怖い……」

こんな風に考え始めるとなかなか決められませんよね。

そこで、まずは余興を提案するときに押さえておくべき合言葉を3つお伝えしましょう!

それは、

  • 老若男女問わず、みんなが楽しめる
  • 簡単でわかりやすい
  • 下品すぎるネタはNG

この3点です。

ここさえしっかりと押さえられていれば、すてきな余興になること間違いなし!

しかし、「具体的なアイディアが思い浮かばないし、準備にもあまり時間をかけたくないんだよな……」とお悩みの方も多いはず。

そこで、簡単にできて、手短に済ませられる定番の余興や、流行している出し物ネタを厳選して紹介しますね!

大人数向けの余興

笑点

老若男女に愛されるお笑い番組、笑点は宴会の席でも行いやすい芸といえましょう。

いわゆる「全員参加型」のゲームと違い臨機応変に笑いを取れる人材さえ数人いれば見せ物として成立するので、運営するのも簡単です。

滑っても「座布団を奪われる」ことでスベり芸が成立するのもポイント。

変態音響監督

某アナウンサーが某ラジオ番組で行っている企画を忘年会・新年会に合わせて少し改変したもの。

◯◯さんに言わせたいセリフを書いた紙を募り、箱の中に入れておきます。

司会者は箱から無作為に取り出したセリフを見て思いついたシチュエーションを全員の前で説明します。

その後紙によって指定された◯◯さんは司会者の考えたシチュエーションに沿った演技をしつつセリフを言わなければなりません。

キュンキュンさせるも良し、笑いをとりにいくも良し、滑るも良し、司会者の熱い演技指導で仲間をプロデュースしましょう!

クイズ100人に聞きました

クイズ100人に聴きました」は、あらかじめ宴会出席者に関する質問を集計しておいて、その上位10回答を複数のチームで当てていくゲームです。

少数派の意見の人には直接インタビューするなどしてエピソードを引きだせば、さらに盛り上がることでしょう。

落語

落語は特に地域のイベントなどに向いてます。

若い人だけではなくお年寄りでも楽しめますね!

アプリ「落語デイズ」のリンクが見つかりませんでした。

スリッパリレー

スリッパを手を使わず足先でリレーしていくというゲームです。

簡単そうにみえて意外とバランス力なども使うのでわいわい盛り上がりながらチャレンジできるゲームだと思います。

上司部下混合でチームを組んでもよし、上司と部下で別れて対決するのもよしのゲームです!

絵描き歌伝えまSHOWにチャレンジ

紙とペンを複数人に渡し、何の絵描き歌かわからない状態で音楽を聴きながら絵を描いてもらうゲームです。

うまくかけても盛り上がりますが、うまく描けなかったらもっともりあがります。

紙とペン以外の準備がいらず、誰でも参加できる鉄板ゲームです。

早口言葉大会

あらかじめ用意しておいた早口言葉を早く正確に言えた人が勝ちのゲームです。

例:骨粗しょう症訴訟勝訴、隣の客はよく柿食う客だ…など

アプリ「早口言葉!

かむと罰ゲームLite」のリンクが見つかりませんでした。

【Android用アプリ】ハヤコト[早口言葉トレーニング]

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています