Sideshow@RAG
余興・出し物をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

忘年会・新年会の余興・出し物【2019】

「忘年会や新年会の幹事や余興を担当することになってしまった……」

この時期になるとよく聞く声ですよね。

とくに職場の忘年会や新年会となれば、断りたくても断れないものです。

さらには、「手短に済ませてほしい」「毎年同じ余興のだから今年は違うことをしてほしい」など、手強い要望に困惑されている幹事さんも多いのではないでしょうか?

「参加者みんなで楽しめる余興を提案したいけれど、最近の流行には詳しくないし……」

「かと言って、会場を凍らせてしまうのも怖い……」

こんな風に考え始めるとなかなか決められませんよね。

そこで、まずは余興を提案するときに押さえておくべき合言葉を3つお伝えしましょう!

それは、

  • 老若男女問わず、みんなが楽しめる
  • 簡単でわかりやすい
  • 下品すぎるネタはNG

この3点です。

ここさえしっかりと押さえられていれば、すてきな余興になること間違いなし!

しかし、「具体的なアイディアが思い浮かばないし、準備にもあまり時間をかけたくないんだよな……」とお悩みの方も多いはず。

そこで、簡単にできて、手短に済ませられる定番の余興や、流行している出し物ネタを厳選して紹介しますね!

少人数向けの余興

ボンバーマン大会

ゲーム機と「ボンバーマン」を用意して、プロジェクターやスクリーンでプレイします。

最大4人でプレイできるので、盛り上がます!

ボンバーマンでなくても、分かりやすいテレビゲームならOKです。

アプリ「ボンバーマン」のリンクが見つかりませんでした。

樽美酒研二メイクで登場

出オチの最たるものですが、ゴールデンボンバーの樽美酒研二のメイクで余興に登場してください。

別にゴールデンボンバーの歌を唄う必要はありません。

マジックをしても良いですし、全く関係のない歌手のカラオケを唄っても大丈夫です。

メイクをしているというだけでウケます。

口喧嘩王決定戦

誰が口げんかが一番強いかを決める大会です。

数人でするとわけがわからなくなってしまうので、1対1のトーナメント形式が良いでしょう。

また罵声が過ぎるとただの下品な大会になってしまうので、あらかじめルールを作っても良いかもしれません。

あまり過激な言葉は見ている方も引いてしまうかもしれないので。

しかしその点さえ気をつければ盛り上がることまちがいなでしょう。

人間指スマ

SMAPが出演していたテレビ番組で「指スマ」と呼ばれ、おなじみの手遊びが元になったゲームです。

指スマとは、全員が両手をグーにした状態で丸になって向かい合い、せーので同時に親指を立てるのですが、一人が「ゆびスマ○」と、数字を言って、親指が立った本数を当てるというゲームです。

それを全身で表現した「人間指スマ」というものが近年誕生し、Twitterでも話題になりました。

盛り上がること請け合いです。

利き◯◯

よくテレビで高級なワインと1000円のワインを目隠しして飲んで当てるというのをやっていますが、あれをアレンジしてみましょう!

新年会や忘年会でやるということなので、利きポテチや利きバニラアイスのような少し変わったものでもいいですし、利きわさびのような少し過激なものもいいかもしれませんね!

ダーツ

ただ単にダーツのスコアで競っても良し、スコアに応じて景品をプレゼントするのも良し!

「お菓子」「ジュース」など項目が書かれた的を回して、そこに投げるルーレット形式のダーツもできますね。

「ビンタ」「一発芸」など罰ゲームの項目があってもおもしろいかもしれません。

ダーツボードはダンボールや色紙で簡単に作れて、お金も時間も少なくて済みます。

老若男女が楽しめるゲームだと思います!

面雀

いろいろな言葉を書いたカードを用意し、プレイヤーに配ります。

お題となる言葉のカードを出し、プレイヤーが持っている言葉のカードの中からお題のカードの後ろか前に言葉をくっつけて一番おもしろい言葉を作れた人が勝ちというルール。

カードを作る際の言葉のチョイスもけっこう重要なので、作る時も楽しんで作れます。

少ない手間でたくさんの笑いが生まれるので、一度試してみては?

パントマイム

誰もが一度はやったことがあるパントマイムです。

少し練習が必要ですが、年齢、性別問わず皆が楽しめるネタだと思います。

道具もそれほど必要としないので忘年会などの出し物にはちょうど良いかと思います。

クオリティが高ければ高いほど盛り上がるとは思いますが、下手すぎると何をしているかわからなくなる恐れがありますので、練習が大切ですね。

ダイソーで手品!

今や、手品は100円で「買える」時代なんです!

簡単なものからしっかりしたものまでありますよ。

ちゃんと説明書もついてます!

これでみんなの視線をひとり占めしゃいましょう!

お箸で運ぶぜピンポン玉

ピンポン玉20個程度とボウルを用意して、スタートの合図とともに自分のボウルから相手のボウルに、はしでピンポン玉をつまみ入れます。

全ての玉を入れられれば勝ちです。

お酒の席でゲームをすると、ちょうどいい難易度で盛り上がりそうです。

罰ゲームを付けてもおもしろそうです。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます