- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

ベーシストにおすすめの効果的なリズムトレーニングの練習方法【上級編】

今回も引き続きメトロノームを活用した効果的なリズムトレーニングです。

前回のエクササイズはいかがでしたか?

これをきっかけにメトロノームを使う習慣を身につけていきましょう。

ベースにおすすめの効果的なリズムトレーニングの練習方法 上級編

以前は「オモテかウラ」このどちらかでクリック音を取っていましたね。

今回はその上級編としてまずは、どのような練習方法なのかを順を追って説明します。

エクササイズ1:クリックを減らす

今回は以下のフレーズを題材に練習しましょう。

慣れてきたら他のフレーズでも取り組んでみてください。

score1

まず最初にメトロノームをBPM240に設定して下さい。

「はやい…」 とは思わず、メトロノームのクリック音を8分音符として聞いてください。

つまり、BPM120です。

これを普通に4分音符と捉えると高速フレーズの練習みたいになってしまいますが、そんなことにはなりません。

2、4でクリックを取る時の方法論と同じですね。

自分の弾いているフレーズとクリック音とで、どこがシンクロするのかを事前に整理してから取り組むとより良いです。

しばらく練習して慣れてきたら、120に設定して今まで通り4分音符として聞いて同じフレーズを練習します。

その次は、さらに半分の60に設定します。

以前取り組んだ2、4クリックの状態でも構いませんが、今回は1拍目、3拍目としてクリック音を聞いてください。

バスドラムをイメージすると分かりやすいかと思います。

慣れてきたら、さらに半分の30に設定しましょう。

こうすると、1拍目のみにクリック音が鳴っていることになりますね。

毎小節、1拍目にメトロノームが鳴っていれば少なくとも1小節の間は大きく乱れてはいないということになりますね。

1拍目以外にも2、3、4拍目や、そのウラ…など、さまざまな場所にも挑戦すると面白いかと思います。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています