スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

ベーシストにおすすめの効果的なリズムトレーニングの練習方法【上級編】

今回も引き続きメトロノームを活用した効果的なリズムトレーニングです。

前回のエクササイズはいかがでしたか?

これをきっかけにメトロノームを使う習慣を身につけていきましょう。

ベースにおすすめの効果的なリズムトレーニングの練習方法 上級編

以前は「オモテかウラ」このどちらかでクリック音を取っていましたね。

今回はその上級編としてまずは、どのような練習方法なのかを順を追って説明します。

エクササイズ1:クリックを減らす

今回は以下のフレーズを題材に練習しましょう。

慣れてきたら他のフレーズでも取り組んでみてください。

score1

まず最初にメトロノームをBPM240に設定して下さい。

「はやい…」 とは思わず、メトロノームのクリック音を8分音符として聞いてください。

つまり、BPM120です。

これを普通に4分音符と捉えると高速フレーズの練習みたいになってしまいますが、そんなことにはなりません。

2、4でクリックを取る時の方法論と同じですね。

自分の弾いているフレーズとクリック音とで、どこがシンクロするのかを事前に整理してから取り組むとより良いです。

しばらく練習して慣れてきたら、120に設定して今まで通り4分音符として聞いて同じフレーズを練習します。

その次は、さらに半分の60に設定します。

以前取り組んだ2、4クリックの状態でも構いませんが、今回は1拍目、3拍目としてクリック音を聞いてください。

バスドラムをイメージすると分かりやすいかと思います。

慣れてきたら、さらに半分の30に設定しましょう。

こうすると、1拍目のみにクリック音が鳴っていることになりますね。

毎小節、1拍目にメトロノームが鳴っていれば少なくとも1小節の間は大きく乱れてはいないということになりますね。

1拍目以外にも2、3、4拍目や、そのウラ…など、さまざまな場所にも挑戦すると面白いかと思います。

エクササイズ2:クリック音の移動

1拍のみクリック音をならすというトレーニングにも慣れてきたら、そこからもう少し発展したものに挑戦してみましょう。

まずは前回と同じように、

  1. BPM240=8分音符として感じる
  2. BPM120=4分音符として感じる
  3. BPM60=2分音符として感じる
  4. BPM30=全音符として感じる

の順にクリック音を抜いていきます。

自分が演奏しているフレーズはBPM120のまま、メトロノームのクリック音を減らしていくことでタイムキープできているか、パルスを感じ取れているかをチェックしましょう。

注:今回紹介するトレーニング方法は、この前回のエクササイズに慣れてきてからで構いません。

それでは本題に入りましょう。

メトロノームは最後のBPM30のままです。

そして、いったん楽器は置いて下さい。

  1. メトロノームのクリック音を一拍目として感じます。
  2. 4分音符で手を叩いて下さい。冒頭で書いた、前回のエクササイズが出来ていれば難なくこなせると思います。
  3. いままでは4分の4拍子でしたが、今度は4分の5拍子の一拍目として捉えて下さい。
  4. 2と同じ要領で手を叩いて下さい。
  5. 手を叩いた音とクリックの関係はそのままに、今度は4分の4拍子に捉えなおします。

こうすると、クリック音が1小節ごとに移動していきます。

大分トリッキーな状態ですが、これでも乱れずに弾き続けていられれば、タイムキープの精度はかなり上がっていることと思います。

Victor Wotten氏がYouTubeで紹介しているので、この動画をご覧になられるとイメージしやすいかと思います。

Victor Wooten Prosessions

KORG社のチューナーメトロノーム TM-50の宣伝用の企画として撮影されたもののようですね。

同じ企画でさまざまなミュージシャンが自身の使用方法を紹介しているので、興味があればいろいろとチェックするのも良いかと思います。

メトロノームはただ単に一定の間隔でクリック音を鳴らしているだけのものなので、使い方次第ではこのように自分のタイム感をチェックするものさしとして使用することができます。

単にメトロノームに合わせて練習するのではなく「メトロノームを利用した練習」をオススメします。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています