- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

【DTM初心者のための】メロディやコード打ち込みの超基本

前回はDAWと音源の関係と仕組みについてお話してみました。

今回は音を鳴らすために必要な「打ち込み」について紹介したいと思います。

曲をデータとして入力する

一般に音楽を演奏する時は「楽譜」を読んで使用します。

人間は音符の意味や指示を理解して楽譜の通りに演奏を行いますが、PCやスマホに楽譜を見せてもそうはできません。(近い将来楽譜をカメラで読み取らせるだけで自動的に演奏してくれるような技術はできるかもしれません)

この楽譜をDAWで演奏できるようにするためには次のような方法があります。

1. キーボードなどでリアルタイム入力する

リアルタイム入力とはDAWで再生しながら演奏を行ったデータをトラックに記録していく方法です。

ピアノやエレクトーンの経験のある人には一番手っ取り早い方法になります。

この方法で入力するためにはMIDIキーボードなどの入力機器が必要です。

2. ループを貼り付ける

素材として提供されているループ素材を貼り付ける方法です。

前回ドラムのパターンを貼り付けて入力をしました。

自由度は下がりますが、EDMなどダンス系などの楽曲の場合大半がループで構成されているケースもあります。

3. 打ち込み

楽譜をDAWに転写する方法が打ち込みです。

楽譜がなくても自分の考えているフレーズをマウスなどで画面に音符を並べていく作業のことを総じて打ち込みと言います。

1.のリアルタイム入力ができてもタイミングや誤りの修正を行う時にはこの操作を行います。

打ち込みとはどんなもの?

DAWにはピアノロールという入力画面があります。

大体のDAWで標準の入力画面に設定されていますし、初心者には一番わかりやすい画面だと思います。

ピアノロールの画面は次のような意味を持っています。

画面左側にあるピアノ鍵盤を見るとカンのいい人はすぐにわかるかもしれませんが、画面上下がそのまま音程になっていて、左から右へ向かって拍(演奏時間)が割り当てられています。

ピアノで言えば抑える鍵盤とタイミングを画面に入力する仕組みになっています。

実際にドレミファソラシドと、並べた場合は次のようになります。

【DTM初心者のための】打ち込みでフレーズを作ってみよう スケール

見た目通りですね。

ピアノロールで童謡のチューリップを入力すると次のようになります。

そんなに難しくないと思いませんか?

こんな記事も読まれています