ベースをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

【自分でできる】ベースネックの調整方法

今回はベースネックの反りを直す方法です。

皆さんのベースのネックも問題ないかチェックしてみましょう。

ネックが順反りで視覚的にもわかるくらいで弦高が高くなるほどだった

微妙にはみんな反ってるんだと思う

でも今回の私の場合は、視覚的にどう見ても反ってるよねこれ……

とすぐわかるくらい反っていた(笑)。

しかも順反りだから弦高が高くなってる!

いや、たっかぁ〜!って感じ(笑)。

下図を見てやってほしい……

ベースのネックの反り

わかるよね?

弦はまっすぐだけど指板は反ってる……。

ベースのネックの反り

ベースのネックの反り

ベースのネックの反り

皆さんももぜひ確認してみてほしい。

ネックは順反りと逆反りがある。

見てもわからない場合は基本的な調べ方でチェックしてみるのもいいかも。

下記のページを参照

ネックの反り状態の確認と調整の仕方

で、この際、自分で調整してみよう思いやってみた。

ネックの反りを自分で調整してみた

順反りの場合はロットを時計回りに締める、逆反りは時計と逆回りに緩める

反りを調整するロットはヘッド側か、ボディ側かにある。

ベースのネックの反り直し、トラスロッド

私のフェンダーはヘッド側にあった

ベースのネックの反り直し、トラスロッド

六角レンチを使います。

レンチは新品楽器を購入したらフェンダーには付いてきました。

ちっさいやつとおっきいやつ。

その大きい方を今回は使う。

無くした方は六角レンチセットくらいは持っておいた方が何かと便利ですよ!

ベースのネックの反り直し、トラスロッド

まず、弦を緩めるか外す。

んで順反りだから時計周りで調整する。

ベースのネックの反り直し、トラスロッド

上の画像ではベースを立てたままになってますがこの体制はやりづらいので、楽器は寝かせてやった方が良さそう。

弦は外した方がロットを回しやすいけれど、今回の私の場合、何回も試してみる必要があったため、完全に外したら逆に手間になるので緩めてやってみた。

で、ちょっとずつ回す、一気にガンガン回さない。

楽器は優しくそっと国宝のように扱うべし(笑)。

指板と弦の直線、曲線を見ながら少しずつ調整してみました。

今回かなり反っていたのでドキドキドギマギしながら何回もやりました(笑)。

視覚的に何度もチェックして、良い感じに見えたらチューニングして。

また視覚てきにチェックしてみる。

あとオクターブ調整チェックなども……。

私は簡易的に開放弦とその弦の12フレットは同じ音になるはずなのでチューナーでチェックしてみたりしている。

反ってると結構合わないんだなこれが(笑)。

うまくいかない場合は逆にブリッジのコマの長さなどの調整も必要になってくる場合もある。

ただしいやり方は

オクターブ調整の方法|Harmonic-Sound

(普段ブログを読ませていただいたり、交流させていただいているMOMODONさんのブログに詳しく書いてますのでこちらを参照ください)

それらを繰り返して調整していく。

それとネックの反り状態の確認と調整の仕方でチェック。

結果かなり弾きやすくなったのでオススメ

まず視覚的結果。

ベースのネックの反り直し、トラスロッド

まっすぐに近い状態にできました(笑)。

ビフォーアフターはこんな感じ。

ベースのネックの反り直し、トラスロッド

かなり変わってますよね(笑)。

ベースのネックの反り直し、トラスロッド

で、弦高の高さもおさまり、ちょうど良く、かなり弾きやすくなりました。

私は初めて自分でネックの反りを直してみましたが、問題なくできました。

なので慎重にゆっくりやればどなたでもできると思う。

ただし、本当は全体のバランスも整えた方が良いので、ちゃんとリペアに出せるのが一番良いと思う。

でも、自分で少しずつできることを増やすことは良いことだ。

だって自分の楽器のメンテを自分で少しもできないのはなんだかなぁとも思うもの……。

車もだけど乗るなら本当はある程度知識が必要なんですよね……。

アメリカ人のように自分で修理するまでいかなくとも自分で少しは調べるなども必要だよねと痛感しています……。

ってかやっぱりフェンダーJAZZ BASS さすが弾きやすい!

素晴らしい!

このベースのボディはホワイトアッシュなのでかなり重く、LIVEなどで背負って弾くのはつらいのですが、座って弾く時の安定感は抜群だし、音抜けもかなり良い(笑)。

さすがです!

ベースのネックの反り直し、トラスロッド

楽器を弾く方なら下記のものは必須。

六角レンチセット。

ドライバーセット、楽器の金属パーツ専用補修材946。

金属パーツはボディを磨くやつじゃ曇るし奇麗にならない→私はこれを怠りすぎて金属パーツがかわいそうなことになってる (笑)。

ってことで楽しい楽器ライフあれ!

しゃらんるわあああぁあ❤︎

プロフィール

デザイナー・DTMer

REACH_rh

REACH_rh(りーち、り〜ちん)と申します。

お仕事はフリーにてクリエイティブサポートをしております.(アートワーク・広告デザイン・イラスト等)音楽は内部事情として地味に続けています。

(Vo&Bass,作詞作曲編曲、宅録、Track Make)※LIVEは冬にAUVALという3ピースバンドで活動しておりましたが、現在活動休止中です。

ブログ:http://reach-rh.com

Twitter:REACH_rh

Facebook:reach.rh.jp

Instagram:https://www.instagram.com/reach_rh

この著者・クリエイターへメッセージを送る


著者の記事一覧

こんな記事も読まれています