人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

最近スティングレイ使ってる人をあまり見なくなったなぁと、ふと思った

ミュージックマンのスティングレイの愛用者と言えば、みなさん真っ先に誰を思い浮かべますでしょうか!?

年齢層にもよると思うのですが、やはりレッチリのフリーという意見が多そうですね。

ジャズベースやプレシジョンベースに並ぶぐらい、ベースとしてはもはや定番のモデルかと思います。

一時期はプロアマ問わず、愛用者が非常に多かったですが、最近ではあんまり見かけなくなったような気がするのは僕だけでしょうか??

僕自身、所有したことはないですが、まわりに使っている人が何人かいましたし、楽器屋で何度か試奏したこともあります。

個人的な印象としては、ネックの握った感じがあまり僕好みではなかったので、結局購入にはいたりませんでしたが、音的には嫌いではないです。

でも結構見た目も含めて好き嫌いがはっきり分かれるベースかなんじゃないでしょうか。

今回はそんなスティングについてとスティングレイサウンドが堪能できる曲やスティングレイ愛用者についてお話していきたいと思います。

スティングレイとは??

ベーススティングレイも実はフェンダーの創業者である、レオ・フェンダーによって開発されたベースなんです。

レオ・フェンダーがフェンダー社を辞職した後、新たに設立したミュージックマン社から1976年に発売されています。

現在はこのミュージックマン社は弦で有名なアーニーボール社に買収されてますが、一応ミュージックマンというブランド名は残っております。

スティングレイの特徴としてはやはり、ハムバッカーのピックアップとアクティブ・プリアンプでしょう。

今でこそアクティブのベースなんて全然珍しくもなんともありますが、発売された70年代の当時は本当に革命的なものだったと思います。

なんせ、わざわざアンプの前まで行ってセッティングを変えなくてもベース本体に搭載されているイコライザーでその都度、音色を必要に応じて手元で気軽に変えられるんですから。

初期のモデルに搭載されているイコライザーはベースとトレブルの2バンドでしたが、後にミドルも加えられ、3バンドに変更されています。

あと大きな変更点としてはブリッジです。初期のものは弦が裏通し仕様でミュート機構なるものが付いていました。

画像でを見てもらえれば分かりやすいかと思います。上が初期の仕様をそのまま復刻したクラシックスティングレイ、下が現行モデルのスティングレイです。

クラシックスティングレイ
スティングレイ
あと、よく似た形のものでスターリンというモデルも存在します。

スターリン

スターリンについてはまた別の機会に触れてみたいと思います。

ではでは、そんなスティングレイの音が堪能できる曲やベーシストを紹介していきます!

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています