人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【演奏中に弦が切れにくい】アコギ弦の交換方法

こんにちは、平田(@hirata_kazuma)です。

わたしはそれなりに、弦交換にこだわりを持っています。

今回、見せるのはアコースティックギターの弦交換ですが、エレキギター弾きの人にも参考になるはずです。

では早速。

古い弦を外す

言うまでもありませんが、まずは古くなった弦を外します。

基本的な外し方は割愛しますが、ここでポイントがひとつ。

「6弦と1弦→5弦と2弦→4弦と3弦」の順に、同時に二本ずつ弦を緩めます

何も考えずに、6弦→1弦の順に1本ずつ緩めていくとどうなるか。

最後は1弦や2弦だけが張られたままの状態が発生しますね。この状態が、ネックに負担をかけてねじれなどの原因になります

弦の張力はすさまじいです。

「そんな一瞬ぐらい問題ないだろう」と油断せずに、ネックに変な負担がかかり得る要因は極力作らないことが大事です。

ただでさえ、梅雨は湿気でネックがダメージを受けていますから。

6→1→5→2→4→3の順に1本ずつでもいいんですが、より均一に弦を緩めていくために、二本ずつ緩めたほうがいいでしょうね。

両手を使えば一度に二つのペグを回すことは、そう難しくありません。

時間短縮にもなります。

指板の汚れを浮かせる

さて、せっかく弦が外れたので、この機会に指板もメンテナンスしておきましょう。

使うのは、楽器屋に置いてある「メンテナンス用オイル」と、どこにでもある「ティッシュ」のふたつです。

メンテナンス用オイル

ちなみにわたしは、こういったレモンオイルを使っています。

用意したら、オイルを小さく畳んだティッシュに染みこませてください

10円玉大程度でいいと思います。
レモンオイルを染み込ませる

これを使って、指板を軽く拭いていきます。

汚れを落とすのではなく、オイルを染みこませて汚れを浮かせることが目的なので、強くゴシゴシする必要はありません

ここでもポイントをひとつ。

指板に塗装がないギターだけの話になりますが、オイルがよく染みこむよう、「木目の流れに対して垂直」に拭きましょう。

それから、たまにはブリッジもオイルで保湿してやります。

指板ほどシビアではありませんが、明らかに乾燥している場合は必ず行ってください

オイルを塗り終えたら、しばらく放置。

10分ほどで十分でしょう。

そのあいだに、次の工程へ進みます。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています