- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

大人のJAZZ入門。おすすめのジャズ漫画 BLUE GIANT

JAZZって大人しい音楽だよね。

JAZZってあれでしょ?

BGMとかでよく流れてるやつだよね。

あまり音楽を聴かれないリスナーのイメージはこんな感じではないでしょうか。

そんなイメージを覆す、衝撃のジャズ漫画があるのをご存じですか?

ここ最近一気に注目をされ始めキーワードランキングでも急上昇しているこの漫画。

BLUE GIANT

ジャズとゆかりもない、バスケ部員の主人公『宮本大(みやもと だい)』(以下:大)

ある日大は友人に連れられて、たまたま見に行ったJAZZの生演奏に心を撃ち抜かれてしまう。

自分には、ダンクシュートを打つ身長もジャンプ力もない。

身体には限界がある。

でも音ならきっと…。

楽譜も読めない、スタンダードナンバーも知らない。

たった独りでただがむしゃらにテナーサックスの練習を始め、ひたすらまっすぐに突き進んでいく。

大の心には『絶対にオレは世界一のジャズプレイヤーに、なる。』

その思いひとつであった。

BLUEGIANT

BLUE GIANT 石塚真一(著)小学館

主人公に感情移入する

ひたむきに雨の日も、猛暑の日も、雪の日も、毎日毎日サックスを河原で吹き続ける。

初めてのステージでは客に怒鳴られて大失敗に終わる、それでも大はサックスを吹き続ける。

がむしゃらな少年のひたむきな心が読者や演奏者に響く。

そして大を応援する家族や周りの友達との繋がり。

独りで吹き続けている中で、自分が周りに与えていく影響の大きさに気づいてない無頓着さも愛すべき所ではないでしょうか。

激しく変わり、激しき成長する大の姿や考え方に私もすっかり感情移入してしまいました。

BLUEGIANT

BLUE GIANT 石塚真一(著)小学館

読めば読むほど心に響く名言

BLUEGIANT

BLUE GIANT 石塚真一(著)小学館

この一言に衝撃を受けた人も多いのではないでしょうか。

そうなんです。

『その日、その時、その瞬間のメロディーをかます!!』

『毎日違う!!ハゲしくて自由な音楽がジャズ!!』

『オレはジャズがオシャレだから好きなんじゃなくて…。

…………オレは……。

ジャズがスゲエ熱くてハゲしいから。』

『世界一が何かは分からないけど、一個だけ分かることがあるんだ。

うれしくても、悲しくても、どんな気持ちも音に込められるんだ。』

一言一言がぐいぐいきます。

是非とも1巻から読んで、自分に突き刺さる言葉を探して欲しいです。

こんな記事も読まれています