- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

音楽業界でよく聞く「ブッキング」という言葉の意味

みなさんは普段、ブッキングと言う言葉を聞くことがあるでしょうか。

「SNSや、ライブハウスのポスター、旅行の時にホテルを探しているとホームページで見たことがある!!」なんて方も多いのではないでしょうか。

今回は音楽業界のブッキングの意味について解説していこうかと思います。

おすすめの記事あわせて読みたい

バンドからブッキングをする場合

ブッキングは必ずしもブッカーやイベンターからするとは限りません。

たとえば、レコ発のツアーを計画しているバンドがいるとします。

「あのライブハウスでライブがしたい!」や「自分たちと合ったバンドと対バンがしたい」と思った時にバンド側からライブハウスのスタッフや先輩バンドマンに相談します。

そこで提案してもらった案と、バンド側の希望が一致すればブッキングが成立するわけですね。

ダブルブッキング=予約の重複

カレンダー

https://pixabay.com

ダブルブッキングという言葉は日ごろから耳にすることが多いのではないでしょうか。

これは予約の重複を意味しています。

ダブルブッキングしてもなんとかなる場合もありますが、多くの場合はどちらかの予約を断らないといけないですね。

これはかなり失礼な行為になるので、ブッキングをする際、される際はダブルブッキングしないように気をつけないといけません。

ブッキングの方法

パソコンとスマホ

https://pixabay.com

まず、イベントを組もうと思うと会場を押さえる必要があります。

そこで、開催日時・イベントテーマ・チケット料金・ノルマを先に決め、ライブ会場を予約します。

予約ができたら次は目ぼしいバンドにブッキングをします。

この時、どのようなイベントなのか・他の出演者は誰が出るのか・ノルマはどれくらいなのかをしっかりとバンド側に伝える必要があります。

無事に出演が決まれば、そのあとはイベントタイトルやタイムテーブル、イベントの告知をする作業に進んでいきます。

ブッキングの時に気をつけるのは、当たり前のことですが、ギリギリになってから予定を組まないことです。

行動は早め早めを意識しておこなうのがベストです。

プロフィール

今江みずき

中学時代に親友に聴かされたBUMP OF CHICKENにハマりまくり音楽に目覚める。

高校時代の先輩にメロコアの世界へと導かれまんまと心酔。

当時付き合っていた彼氏の影響をモロに受け当時から現在まで10-FEETの大ファンに。

毎日ウィッグとにらめっこした美容師時代を卒業し現在はスタジオ、ライブハウス、ブライダル音響のスタッフとなり毎日新しいバンドを探し漁る毎日。

年中フェスとライブに出回っているのにもかかわらずツーステができないポンコツキッズです。

著者の記事一覧

スポンサーリンク

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています