- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

京都の音楽フェス「ボロフェスタ」の魅力

ボロフェスタとは2002年より毎年開催されている、京都のD.I.Y.音楽フェスとして有名なイベントです。

今回はこのボロフェスタの魅力に迫りたいと思います。

ボロフェスタとは

http://ameblo.jp/rabibon/entry-11997990538.html

http://ameblo.jp/rabibon/entry-11997990538.html

ボロフェスタとは、2002年から毎年京都でおこなわれている音楽フェスです。

京都のインディーズバンドやライブハウススタッフ、音楽配信サイトやオンラインCDストアのスタッフなどが実行委員として立ち上げました。

当初は西部講堂やLIVEHOUSEnano、CLUB METROなどで開催されていましたが、2009年からは京都KBSホールを中心におこなわれるようになりました。

この京都KBSホールはステージ背後のステンドグラスがとても印象的で、大きく奇麗なステンドグラスを背にさまざまなバンドがライブを繰り広げていくのは圧巻です。

ボロフェスタの魅力

ここからはボロフェスタの魅力を3点にしぼってご紹介いたします。

D.I.Y音楽フェス

このボロフェスタの最大の特徴はイベンターなどを通さず、主催者とボランティアスタッフによって全てを運営されているD.I.Y音楽フェスということです。

そんな手作りのD.I.Y音楽フェスでありながら、過去には赤犬、毛皮のマリーズ、ken yokoyama、BRAHMAN、the HIATUS、10-FEETなど人気アーティストが数多く出演しています。

またそのラインナップは有名・無名、ジャンルにはこだわらず、主催者の観たい・呼びたいアーティストを呼ぶというスタイルで組まれており、ここにもD.I.Y音楽フェスらしさが垣間みれると思います。

ボロフェスタは3日間で3000~4000人の動員のそこまで大きなフェスではありませんが、そこには100人ものボランティアスタッフが良いフェスを作りたいという想いだけで集まり、運営をおこなっています。

こんな記事も読まれています