人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

真空管アンプの名機を再現。ギター用おすすめアンプシミュレーター BOSS GP-20 Guitar Amp Processor

今やギタリストの音作りの定番アイテムとして定着したアンプ・シミュレーター

レンタル・スタジオに備え付けのアンプや自宅の練習用アンプでも、大型のスタック・アンプを始めとした名機と呼ばれるアンプのサウンドが得られるため、様々なメーカーから多くのアンプ・シミュレーターが発売されています。

今回紹介するBOSS GP-20 Guitar Amp Processor “AMP FACTORY”は、エフェクター感覚で使用できるアンプ・シミュレーターとして、手軽に本格的なアンプ・サウンドを作り出すことができます。

レンタル・スタジオやライブハウスに備え付けのアンプを使用することが多いギタリストも、GP-20があれば、常にこだわりのアンプ・サウンドで演奏することが可能です。

アンプ・タイプのバリエーションが豊富

BOSS GP-20

GP-20には、BOSSが誇るCOSMテクノロジーによってモデリングされた11種類のアンプ・サウンドが搭載されています。

これらのアンプ・サウンドのバリエーションはMODELツマミによって簡単に切り替えができる上、更にバリエーション・ボタンをON/OFFすることにより、選択したアンプ・タイプのサウンドをマイナー・チェンジすることができるため、合計で22種類のアンプ・サウンドが選択できることになります。

各MODELタイプは以下の通り。(バリエーション・ボタンOFF時)

  • JC CLEAN:ローランドJC120のサウンド
  • CRUNCH:自然な歪みの得られるクランチ・サウンド
  • LEAD:ハイ・ゲインでパワフルなメタル・サウンド
  • BLACK PANEL:フェンダー・ツインリバーブをモデリングしたサウンド
  • TWEED:フェンダー・ベースマン4×10コンボをモデリングしたサウンド
  • AMERICAN COMBO:メサ・ブギーのコンボ・アンプをモデリングしたサウンド
  • BRIT COMBO:VOX AC30TBのリード・サウンドをモデリング
  • VINTAGE STACK:マーシャル1959のインプット1に接続したサウンドをモデリング
  • R-FIER STACK:メサ・ブギー デュアル・レクチファイアのREDチャンネルをモデリング
  • MODERN STACK:ソルダーノSLO100をモデリング
  • METAL STACK:ピーヴィーEVH5150のリード・チャンネルをモデリング

これらのサウンドが、バリエーション・ボタンをONにすることにより、以下のように変化します。

  • JC CLEAN:フラットな特性のサウンド
  • CRUNCH:中域に粘りのある、ブルースに適したサウンド
  • LEAD:中域に特徴のあるリード・サウンド
  • BLACK PANEL:フェンダー・ツインリバーブのブライト・オンにした状態のサウンド
  • TWEED:フェンダー・プロ・リバーブをモデリングしたサウンド
  • AMERICAN COMBO:マッチレスD/C30をモデリングしたサウンド
  • BRIT COMBO:VOX AC30TBのクリーン・サウンドをモデリング
  • VINTAGE STACK:マーシャル1959のインプット1と2をパラレル接続したサウンドをモデリング
  • R-FIER STACK:メサ・ブギー デュアル・レクチファイアのORANGEチャンネルをモデリング
  • MODERN STACK:中域ブースト改造を施したマーシャル・サウンドをモデリング
  • METAL STACK:ピーヴィーEVH5150のリズム・チャンネルをモデリング

左側のペダルでアンプ・タイプのON/OFFを切り替え、右側のペダルではメモリーされているセッティングとマニュアルの切り替えが可能なので、2つのペダルを使いこなすことで演奏中でも大幅なサウンド・チェンジが可能です。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています