人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

レスリースピーカーに最新技術をプラス。おすすめのモジュレーションエフェクター BOSS RT-20

みなさんは、本物のレスリースピーカーのサウンドを間近で聴いたことがあるでしょうか。

ハモンドオルガンを鳴らすスピーカーとして有名なレスリー122XBは重量が70Kgもあり、現在はメジャーアーティストのライブにでも行かないかぎり、滅多にお目にかかるチャンスはありません。

しかし、そのサウンドを正確に再現するエフェクターが、BOSSから発売されています。

伝説のサウンドを再現するエフェクター

それがこの今回ご紹介するRT-20 Rotary Sound Processorです。

RT-20は2005年に発売されました。

BOSSのお家芸ともいえるCOSM技術によって再現されたロータリーサウンドは、オリジナルのレスリーサウンドにうり二つ。

往年の名盤に吹き込まれたレスリー&エレキギターのサウンドを再現してくれます。

RT-20はツインペダル式を採用しており、コンパクトで操作性は抜群です。次節ではコントロール・ツマミや各ペダルの役割をご紹介しましょう。

RT-20の基本的な使い方

BOSS RT-20

RT-20のコントロール・ツマミは全部で8つで、ローターの回転を視覚的に確認できる「バーチャル・ロータリー・ディスプレイ」の左右に4つずつ配置されています。

本体左側のツマミは、左上がサウンドモードを選択する「MODE」、その右隣がSLOWとFASTの切り替わりのスピードをコントロールする「RISE TIME」です。

MODE」の下はエフェクト音の大きさを調整する「EFFECT」、その右隣にはダイレクトなギターサウンドの音量を決定する「DIRECT」が配置されており、原音とエフェクト音をミックスできるようになっています。

本体右側に並んだツマミは、左上が高音スピーカーと低音スピーカーの音量バランスを調整する「BALANCE」、その右隣が歪みを調整する「OVERDRIVE」となっており、左下に配置されるのは低音スピーカーの回転スピードを調整する「SLOW」、その右隣が高音スピーカーの回転スピードを調整する「FAST」です。

フットペダルは左側にエフェクトのオンとオフの切り替えが、右側にSLOWとFASTの切り替えが割り当てられています。

RT-20は以上のコントロール類でサウンドを作っていくのですが、回転スピーカーの仕組みなどを理解していないと、直感的なサウンドメイクは難しいかもしれません。

そこで、次節ではレスリースピーカーの仕組みと、RT-20の使いこなしについてご説明します。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています