スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

脳トレで音楽力を鍛えよう

人間の脳の内80%程を占める大脳、それは右脳と左脳に分かれており、右脳=直感、想像性、芸術性、イメージを司り左半身をコントロール。

それに対し左脳=言語や論理的思考を司り右半身をコントロールする、という説があります。

脳を鍛える、ということ

右脳と左脳

http://iqno.net/text/tisiki/notoha.php

私達は音楽を聴く・演奏する際、まず音=空気の振動が耳を通して入って来て、耳の奥の蝸牛神経で電気信号に変換されます。変換された信号はその後脳内の数カ所を中継し、最終的には大脳に到達し、そこで初めて人間にとって「どんな音がどんな強さでどんな長さで、etc.」認識されるそうです。

そして演奏する際にはそのフィードバックを持って、今度は「どんな音をどんな強さでどんな表現で、etc.」演奏するのか、左右の運動神経へと命令がくだされ、演奏が終わるまでそのフィードバック・ループが繰り返されることになります。

私達は普段演奏を行う時に、脳の存在を意識することはあまりないかも知れませんが、音楽を聴くにも演奏するにも全て「脳」が解釈してくれるが故です。

日々の練習において、例えばドラマーならパラディドルであったり、ギタリストならスケール練習であったり、ヴォーカリストならヴォイストレーニングであったり。

フィジカルを鍛えることに意識はしますが、「脳を鍛える」という発想はあまりしないのではないでしょうか。

脳、特に音楽を司ると言われる右脳をトレーニングすることは、ひいてはより良い音楽制作や演奏に繋がるのではないか、そこで今回は「右脳トレーニング」について考えてみたいと思います。

様々な右脳トレーニング

一昔前に、「右脳ブーム」というものがあったそうです。

冒頭のように、右脳と左脳には役割分担があり、特に論理的思考に偏り左脳を多く使いがちな日本人は右脳の持つポテンシャルを使いこなせていない。

左脳よりもずっとずっと記憶容量もある右脳を鍛えることで、能力を高めたり、脳の劣化を防ぐ、そのようなブームであったようです。

科学的根拠に乏しい疑似科学ではないかという声もある一方で、疑似科学であるとの確たる反証もない、複雑な脳科学の世界での学術的な話はよく分かりませんが、少なくともイメージのトレーニングや脳自体のトレーニングは、音楽においても何らか関わってくると思いますので、無駄なことではないと思います。

ネット上にも、書籍にも、スマホアプリでも、「脳トレ」的情報は沢山ありますね。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています