人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

吹奏楽を始めようとしている新一年生のみなさまへ。楽器の種類と特徴

こんにちは。

とある吹奏楽団男子です。

春から高校生の皆さん、もう部活はお決まりですか?

今回は吹奏楽部に入部をお考えの方にぜひ読んでいただきたいと思います。

フルート(flute)

フルートコレがフルート。

通称「木管楽器の女王」

その名の通り、フルートは女の人がほとんどだ。

男の人の奏者もいるけど、俺的には男がやると違和感がハンパない。

あとこれは勝手なイメージだが、フルートやってるやつは可愛い子が多い。

美形が揃ってる気がする。

俺の好きな子もフルートにいるからね。

女の子でモテたかったらフルートにしな。

これこそリコーダー的な見た目だが、こいつは横笛みたいに吹く。

音は尺八とかオカリナとかみたいな音。

フルートは木管で一番高い音が出る。

結構高い音まで出せる。

おもにメロディーばっかで、伴奏もちょっとある。

ピッコロ
これはピッコロと呼ばれるフルート。

まあ、ピッコロと言われてこれではなく緑のやつをイメージすると思う。

文字の色をわざわざ緑にしたのも悪意がある。

写真の場合木製の所があるが、基本的には全部銀色のやつが多い。

ただでさえ高い音の出るフルートだが、ピッコロはそのさらに上をいく。

めっちゃ高い。

正直うるせえ。

※ファゴット、バスーンはマジでよくわからないので割愛。

続いて金管楽器。

金管楽器はマウスピースを使って唇を振動させて音を出す。

(唇の振動?って思うと思うけど、どういうことかというと、じゃあ口でオナラの音やってみ。それや。マウスピースを口に押し付けてオナラしまくるんや。)

マウスピースの大きさは楽器によって様々で、チューバのように大きいのもあれば、ホルンのようにめっちゃ小さいのもある。

トランペット(trumpet)

トランペットこれぞ金管の王者。

トランペット。

トランペットは、やろうと思えば高い音がでるが、まあ技術的に難しい。

自分も実はやってみたのだがあれだ。

難しい。

コルネットと呼ばれるさっきのフルートで言うピッコロ的なのもあるが、基本的には吹奏楽部では見かけない。

こいつらはおもに主旋律が多い。

それとか曲中でファンファーレが出てきたらもうこいつらの出番。

トランペットは上手いやつと下手なやつが結構周りにわかりやすく出るので、楽器に自信がある人はやってみるといいかもしれない。

ほんとに下手なやつはいつまでも下手。

聴いててイライラするぐらい。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています