- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

B’zに学ぶ!?迫力あるギターサウンドを作る(後編)

こんにちは!

あなただけのサポートギタリスト前野直也です!

前回はB’z大好きな話……ではなく、B’zの影響でバッキングのギターを2本入れて左右に配置しているというお話でした。

エレキギターを二本入れて左右に振っている

完成した楽曲はこちらの記事からどうぞ!

録音しながら作る?年越しの曲をレコーディングしました! – サポートギタリスト前野直也

前回までの記事はこちらからどうぞ!

一石三鳥!?アコースティックを良い音で録る – サポートギタリスト前野直也

ベースも弾きます! – サポートギタリスト前野直也

前回の記事はこちらからどうぞ!

B’zに学ぶ!?迫力あるギターサウンドを作る(前編)

もちろんただB’zが好きで真似(まね)しているわけではなく、実践してみてメリットを感じているからこの方法でご提供しています。

さてそのメリットとは?

答えは

メロディの邪魔をせずに迫力あるギターサウンドにしやすい!

と言うことです!

レコーディングした歌や楽器はミックスという工程で音量や定位(左から聴こえるか右から聴こえるか)を調整してまとめ上げます。

そのミックスをしてる時、

「この曲は迫力あるギターサウンドにしたい!」

と思ったらどうするでしょう?

おそらくほとんどの人がギターの音量を上げたくなりますよね?

しかしこの時、ギタートラックが1本だと問題が発生します。

ギターの定位を真ん中にして音量を上げるとどうなるでしょう?

大抵はボーカルやメインのメロディパートを真ん中にしたいものです。

それなのに真ん中でギターが大音量でなっていたら、歌やメロディが聞き取りにくい作品になってしまいますね。

それではボーカル(またはメロディパート)を真ん中にして、ギターを左右どちらかに振って音量を上げてみましょう。

これだと確かにボーカルの邪魔はしませんが、ギターが定位している方だけ音が大きくて、ヘッドホンで1曲通して聴くとかなり気持ち悪いです。

反対側にベースやシンセを配置しても良いですが、ギターに合わせようとするとかなり上げるようになります。

これで各パートのバランスも良く、迫力あるギターサウンドで歌も聴きやすいバランスにするのは結構大変です。

こんな記事も読まれています