人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【すごく役に立つ】ギタースケールを効率よく覚えるためのCAGEDシステム

どうやったらスケール運指を指板全域で把握できるんだろう……。

または、コードっていくつかのフォームで弾くことができるみたいだけど、どういう法則なの?

と考えたことはありませんか?

実はものすごく簡単なルールがあります。

なぜCAGEDシステムが必要なのか

ギターをある程度弾けるようになると、誰でも知っている5つのコードフォームを基礎に覚えるやり方で、CAGEDシステムと言います。

これにより基礎的なギターの指板の仕組みを理解できます。

  1. CAGED(ケイジド)のスペルにコードフォームは指板全域でつながっている
  2. コードフォームに沿ったスケール運指を覚える
  3. 最も大切なのは度数で覚える事

スケールとコードと切り離して考えてはいけない事が分かるでしょう。

CAGEDシステムでスケール運指が指板全域で弾けるようになる、これだけですごくうれしい事で結構楽しめます。

でも、それで終わって欲しくありません。

実は今回の記事(CAGEDシステム)は、ごく初歩の初歩、はじめの一歩にすぎません。

重要なのは、スケールとコードを一緒に学ぶ事です。

そしてその後はコードを深く学ぶ、それに尽きます。

1. CAGED(ケイジド)のスペルにコードフォームは指板全域でつながっている

上図はCメジャーのコードフォームがどのように指板全域で弾けるか?を表しています。

でもこれだと何が何だか分からないかもしれませんね。

初心者の不安感が邪魔をするからです。

コードネームとコードフォームを混同してませんか?

Cメジャーというと、いわゆるローコードのCフォームのみ、と勘違いしてませんか?

すべての基礎的なコードはCAGEDの5つのフォームを使って弾くことができます。

少し弾いていれば、Aフォームを使って3フレットからでもCメジャーが弾けるんだ、と経験から理解します。

それをずらせば他のコードネームになる事も。

例えば、半音ずらせばC#メジャー、全音ずらせばDメジャー、など。

または、Eフォームを8フレットまでずらせばCメジャーが弾ける、これらは経験から学び、日常的にしているかもしれません。

でも多くの人は、ハイコードと呼ぶものはEとAフォームに限定して覚えています。

それは間違いで、D・G・Cフォームにも同様にできます。

そしてCメジャーの場合、コードフォームはCAGEDのスペル通りにつながるという仕組みです。

下図はローコードのCはDにつながっている事を示すためにDから表示していますが、まずCの部分から見ることをおすすめします。

CAGED ギタースケール

他のコードの場合、

  • Dメジャー=DCAGE
  • Aメジャー=AGEDC
  • Gメジャー=GEDCA
  • Eメジャー=EDCAG

FならEフォームから始まるパターン、Bb=A、Eb=D、Ab=G、Db=Cでそれぞれ始めるわけです。

この理解があれば、カポを使う場合にも役立ちます。

キーを変えるためだけでなく、どのフォームのヴォイシングで弾きたいのか?によって選択できます。

特に二人でギターを弾く場合に違うフォームでアレンジしたいときに役立つでしょう。

今まで経験上、CのキーでGなら5カポとか覚えていたかもしれませんが、この仕組みを覚えればどのキーでも5通りのヴァリエーションが得られます。

CAGED ギタースケール

CAGEDシステムを深く理解すると、分からずに何となくやってきた事に確信を持てるようになります。

とりあえずここでコードフォームの連結についての説明を終わります。

ただし、もっと深く学ぶことをお勧めします。

こちらの記事では、ここでは書ききれないいろんな角度から解説しています。

次にスケール運指を説明します。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています