スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

カホンを作ってみた。組み立てキットの作り方

カホン(Cajon)は箱型の楽器で、素手で叩いてリズムを奏でる、誰でも楽しめるシンプルな楽器です。

基本的に木材を使って作られている楽器です。

今回、自作で作ってみたので工程手順を紹介していきたいと思います!

組み立て・接着

【自作】カホンを作ってみた

今回は、木を切断するところの一からの制作ではなく、以下のカホンキットを使用して組み立てます。

MEINL Percussion マイネル カホン DIYキット Make Your Own Cajon MYO-CAJ

MEINL Percussion マイネル カホン DIYキット Make Your Own Cajon MYO-CAJ

http://meinlpercussion.com/products/Product/show/2222/619/#product-single-headline

キットを開封するとこのように、木材が指定サイズにカットされて入っています。

その他、ネジ類も入っています。

カホンキットを開封

キット以外に工具は別途必要です。

必要な工具

  • 木材用接着剤
  • ベルトストラップ
  • コードレススクリュードライバー、電気ドリル、ハンドドリル
  • 木工用ドリル
  • プラスドライバー
  • L型万能定規
  • 紙やすり…など

キットから出したらまず仮で組み立てて、パーツがしっかり組み立てられるか、必要数入っているかの確認を行ないます。

カホンキットの仮組み

実際にはめ込んでみます。

床は水平な場所で、汚れてもいいように布切れを敷くなどして、作業スペースを確保します。

カホンキットのはめ込み

カホンキットのはめ込み:2

仮組み立てで確認できたら、木材用接着剤を使って、底板と側板を接着させて組み立てます。

木工用ボンド

底板と側板の接着

溝に流し込むようにたっぷりつけていきます。

溝に流し込むようにたっぷりつける

そしてはめ込みます。

そして接着剤が溢れるぐらいギュっと接着させます。

ギュっと接着

このように側板から、組み立てます。

すぐには木材用接着剤は乾きませんが、10分程押さえていると安定します。

側板から組み立てます

次は天板です。

こちらも溝に木材用接着剤を流し込んで蓋をするように、接着します。

木材用接着剤を流し込んで蓋をするように接着

しっかり接着する

しっかり接着する:2

天板が付いたら、L型万能定規で角が直角になっているかを確認します。

L型万能定規

直角になっているかを確認

次は裏板(穴が空いている板)を接着します。

裏板(穴が空いている板)を接着

裏板は少し大きめのサイズになっている

ここで注意なのは、裏板は少し大きめのサイズになっているため、この時点ではサイズがぴったりと合いません。

天板(座る側)にきっちり合わせておき、底板側に余分な部分が出るようにします。

天板(座る側)にきっちり合わせる

そしてベルトストラップで締め付け固定し、しばらく乾かします。

この際、木材などを間に挟み込んで、テンションをかけると、締まり具合を安定します。

ベルトストラップで締め付け固定

木材などを間に挟み込んでテンションをかける

次はスナッピーをつけます。

スナッピーは、通常スネアドラムに使用するのを、半分にカットしたものです。(このキットでは既にカットされています)

スナッピーをつける

この際、電動ドリル・ドライバーを使用してネジ穴を空け、スナッピーを三角柱にネジで固定します。

まず、ネジ穴のきっかけを作ります。(この際、ビットはドリル型)

電動ドリル・ドライバーを使用してネジ穴を空ける

スナッピーを三角柱にネジで固定

ネジ穴のきっかけを作る

穴が2〜3mm空いたら、ビットをドライバー型に交換し、ネジを締めていきます。

ネジを締める

スナッピー

次はサイドバンド、底バンドと天バンド、計4本の当て木を接着します。

ここの作業が重要で、取り付け方(向きや本数)によって、打面側の面積が変わるので、出音が変わるようです。

サイドバンド、底バンドと天バンドの当て木を接着

当て木を接着剤を塗る

当て木を接着

スナッピーも天バンド側(座る方)に接着させ、外側に向くようにします。

※写真では天バンドをわざと付けないようにしています。

天バンド側(座る方)に接着

天バンド側(座る側)

今回は乾きを早めるため、ドライヤーを使いました。

隙間ができないようにしっかり押さえます。(接着用クランプがある場合はそれでもOKです)

ドライヤーで乾燥させる

内部の当て木を取り付けたら打面側の板を取り付けます。

今回はネジは取り付けていませんが、打面側の周りをネジで締め付けるとさらに打面が強化されます。

打面側の板を取り付け

接着剤でしっかり固定

再びベルトストラップで固定します。

ベルトストラップで固定

スナッピー取り付け側は浮きやすいので、座って体重をかけます。

体重をかけます

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています