音楽をもっと楽しむWebマガジン
menusearch
キャンプソング・レクリエーションソングの名曲。おすすめの人気曲

楽しいキャンプソング・レクリエーションの定番曲。盛り上がるキャンプファイヤーの歌

キャンプファイヤーを囲みながら歌いたいキャンプソング・レクリエーションソングの中から、スタジオスタッフがおすすめする名曲、人気曲をご紹介します。

お子さんや仲間と一緒に大地と自然の恵みを感じられる貴重な機会に、ぜひ聴いてほしいプレイリストです。

当日までに覚えて、みんなで歌って楽しい時間を過ごしましょう!

もくじ

楽しいキャンプソング・レクリエーションの定番曲。盛り上がるキャンプファイヤーの歌

幸せなら手をたたこう|アメリカ童謡

原曲はアメリカ童謡「If You’re Happy and You Know it, Clap Your Hands」です。

日本においては東京オリンピックの1964年に坂本九が歌った「幸せなら手をたたこう」として定着しました。

みんなで集まったときには歌いたい曲ですね。

大きなくりの木の下で

イギリス民謡をもとにした童謡ですが、作詞者・作曲者ともに不詳です。

日本語の歌詞については、1番については不詳、2番・3番については阪田寛夫です。

誰もが知っている歌といえるのではないでしょうか。

振り付きで「くり」をほかの果実などに替えて歌ってみても楽しいでしょう。

フニクリ・フニクラ|ルイジ・デンツァ

もとはイタリア歌曲で登山電車「フニコラーレ」の集客のために作曲された楽曲ですが、日本人ならどうしてもこのメロディを聴くと思わず童謡「鬼のパンツ」の歌詞を口ずさみたくなる……という方は多いのではないでしょうか?

ひとりが歌えばきっと大合唱となり、盛り上がりますよ。

キャンプファイヤーの歌|Georges Bizetジョルジュ・ビゼー

原曲となったメロディはビゼー作曲の組曲「アルルの女」より「ファランドール」冒頭部分がそのまま用いられています。

「燃えろよ燃えろ」に次いでキャンプファイヤーの定番曲です。

なお、作詞者は不明で現在もわかっていません。

今日の日はさようなら

この曲は、1966年にリリースされ「森山良子」が歌ってヒットした楽曲のひとつです。

今日まで、キャンプのほかに、野外活動などでも使われることが多い人気の曲です。

歌詞は友だちとの友情や今日より明日への希望を信じるというようなポジティブな内容が描かれているので、歌っているととてもほのぼのとしてきます。

歌い終わるときはまた明日もがんばろうと思いたくなってくるでしょう。

となりのトトロ

このキャラクター名を知らない人はいないほど有名な、スタジオジブリ制作のアニメ映画「となりのトトロ」のエンディングテーマです。

幼稚園などのおゆうぎ会の曲としてもよく使われていて、年代をこえてなじみのある名曲です。

全部歌えなくても、サビのフレーズはなんとなく聴き覚えがあるのではないでしょうか。

聴いていると自然にリズムを取りたくなるような楽しい内容です。

Believe

「BELIEVE」は「杉本竜一」が作詞・作曲した楽曲です。

NHK番組「生きもの地球紀行」の3代目エンディングテーマとして、1998年に発表されました。

おもに学校の合唱や特に卒園式・卒業式の歌として歌われることが多いこの曲は、幅広い年代で知られる名曲です。

内容がとてもポジティブな歌詞なので、結束を固められるキャンプなどのイベントでもうってつけのソングだと思います。

こんな記事も読まれています