スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジンmenu

業界標準のSONY MDR-CD900STというモニターヘッドホンを買ってみた

かねてより欲しいと思い続けていたのだけど、SONY MDR-CD900STというヘッドホンを買いました。

中古品ですけどね。

美品でした。

使用感をここで紹介したいと思います。

読者になる

 

業界標準のヘッドホンSONY MDR-CD900ST

SONY MDR-CD900ST

10年ほど前に一度900STの音を聴いたことがあります。

その時は「なんて解像度が高いんだろう!」と思いました。

どちらかといえば悪い意味で

あまりにもいろんな音が聴こえるので、まったく気持ちよくなかったのです。

まったく調和が取れてないように思えました。

まさしく業務用

そう、このMDR-CD900STという機種は、日本の音楽制作の現場において基準となってしまっているヘッドホンです。

どこのスタジオにも置いてあるし、このヘッドホンをしてレコーディングしているミュージシャン達の姿をみなさまも一度くらい見たことがあるはずです。

どの業界にも定番というのがあるはずです。

必ずしもこれを使わなきゃいけないという訳じゃないけど、業界的にそれが基準になっているから避けては通れない、みたいな。

900STがそれです。

しかしまぁ、900STが業界標準になっているのは日本だけだそうですね。

海外ではむしろ7506を使っていることのほうが多いのだとか。あとSHUREのものとか。

900ST=業界標準というのはどうやらガラパゴス文化のようですね。

でもま、僕自身日本に住んでいる、日本国籍を持つ人間なわけだから、郷に入っては郷に従えじゃないけど、900STを使うのはむしろ必然なのかなとも思います。

音源制作においてこのヘッドホンを100%信用してしまうには早計なのかもしれないけれど、大きな指針にはなります。

使い慣れて、良い音の音楽を提供できれば良いなぁと思うわけでありますが。

昨日早速、改めて900STで音楽を聴いてみました

SONY MDR-CD900ST

これがね、思ってたより数倍「良い音」に感じたんですよね。

むしろ、今までこの音を求めてたのかもと思えるくらいに。

7506よりも低音がクリアに聴こえます。

人によっては物足りないと思うのかもしれませんが、原音を忠実に再現してると思えば納得できます。

昔聴いた時よりも「音楽」を楽しめましたね。

なぜなのか考えました。

まず、長年7506を使っていたというのも大きくあると思います。

同じブランドのモニターヘッドホンなだけあってやはり非常に近いです。

だからすんなり受け入れられた。

そして、音楽へ求めるもの。

低音がバリバリ効いたものとか、音楽をもっと楽しめるようチューニングされたものよりも、すべての音をクリアに、原音に忠実に聴けることが「楽しい」と思えるようになったこと。

これが大きいのだと思います。

あまりにもいろんな音が聴こえるから聴いているだけでとてもカロリーを使ってそうな気もするのですけど、それが良い(笑)。

いろいろなレビューを読むと、これはリスニングには向かないとか結構ネガティブな意見が書いてありますが、僕は全然イケますね。

このヘッドホンでいろんな音楽を聴き直したいと思うくらいです。

音源制作において「ミックス作業」に使うのは確かに危険かもな、と思いました。

録音中のモニタリングには最適ですけどね。

7506でさえ、スピーカーで聴いてみると全然違ったものになりました。

僕のミックスの腕が悪いというのもあるのでしょうけど、これ単体で製作を完結させるのは難しそう。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています

keyboard_arrow_up