人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

プロ直伝!ギター弦の正しい交換方法【テレキャスター編】

「弦の正しい交換方法って?」「自分で交換するときに気をつけることは?」

愛用されているギターを大切に、ベストな音で鳴らすためには、日々のメンテナンスは欠かせません。

今回はプロのギターリペアマンに、ギター弦の交換方法・ケア方法を聞いてきましたので、紹介したいと思います。

プロに聞いた!ギター弦の正しい交換方法【テレキャスター編】

弦を外す

1

すべての弦を緩め外します。

フレットを磨く

弦を外し終わったら、まずフレットを掃除します。

2-2

通常ニッケルという金属素材で酸化するとくすみやすく、ここをしっかりケアしないと、弦との接触もスムーズにいかなくなります。

2-3

フレット磨きプレートを設置し、ピカール液をクロスにしみこませ、それで一つ一つフレットを磨いていきます。

2-4

フレット磨きプレート。

2-1

指板のケア

次は指板のケアです。

3-1

専用のコンディショナーを使用し、指板の乾燥や汚れを予防します。

3-3

そして指板全体をオイルケア → そしてすぐフレットと指板の間を綿棒で掃除します。

3-2

最後に指板全体をクロスで拭いて掃除します。

3-0

左から、Dunlop フィンガーボードコンディショナー、HOWARD オレンジオイル、ESP JL-8 JET LEMON ケアスプレー

3-4

ボディーのそうじ

ボディーの汚れはもちろんなのですが、ここで最も大事なのは「ホコリの除去」です。

4-3

回路部分は、僅かな隙間から、ホコリが侵入し溜まってしまいます。

中を空けてエアダスターなどで掃除します。

4-2

ブリッジの部分は綿棒で丁寧に掃除しましょう。

4-4

新しい弦をまっすぐにして、弦を通す

新しいギター弦は、紙パックに丸まってパッケージされているのですが、これをすべて出して丸まっているクセをなくし自然なまっすぐの状態にしてあげましょう。

5-1

そして弦を通します。

5

巻く

6弦から1弦の順番にペグに弦を固定し、巻いていきます。(写真のタイプは上から弦を通すタイプのペグです。)

6-0

ここで注意したいのは「巻きが多すぎても、少なくすぎてもNG」ということです。

6-1

カットする長さはギターによって変わってきますが、写真のテレキャスターの場合、6弦〜4弦の巻弦は、弦を引っ張った状態で、ペグとペグの間隔が2〜2.5個分ぐらい余分に残して、残りの部分はニッパーでカットします。

6-2

3弦〜1弦のプレーン弦は、ペグとペグの間隔が3個分ぐらいを余分に残して、残りの部分はニッパーでカットします。

7-0

この状態で弦を巻いてあげると3、4巻き分ぐらい巻けるので、チューニングや弾いたときの安定度が丁度いい状態になります。

巻く際は、ヘッド部のペグ付近を指で固定しながら、巻が重ならないようにキレイに巻きましょう。

7-1

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています