- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

保育士試験の課題曲をマスター!「かたつむり」と「オバケなんてないさ」の弾き方のコツ

今回は、2016年保育士試験の課題曲「かたつむり」と「オバケなんてないさ」の練習方法についてお話しします。

ピアノでの弾き方のコツ、楽譜の紹介を中心に進めていきますので、ぜひ保育士試験をひかえている方は参考にしてください。

保育士試験の課題曲

http://o-dan.net/ja/

少子化対策の一環か、最近は保育士試験が1年に2回あるようですが、その中の実技試験の1つに「弾き歌い」というものがあります。

幼児に歌って聞かせるという想定で、ピアノ、アコーディオン、ギターのいずれかの伴奏で、課題の2曲を弾き歌いします。

「弾き歌い」は、メロディーを弾きながら歌わなければならないので、コード弾いて歌うという形より少し難しいのですが、コードでピアノソロ(右手メロディー+左手コード)を弾く形にピアノをプラスするだけです。

保育士試験には関係ないという方も、コードで弾くピアノソロの方法、ぜひ覚えてくださいね。

保育士試験は弾き歌いということで、歌が重要ですから簡単に弾くことを意識しましょう。

2016年 保育士試験の課題曲「かたつむり」

左手はコードで

まずは、片手の練習です。

左手は基本的にコードを意識して練習しましょう。

今回は二長調で「D」「A」の2つのコードしか使っていないので、初心者の方でもすぐに弾けるのではないでしょうか。

簡単に弾くコードの方法覚えてくださいね。

参考:ピアノ伴奏を簡単なコードで弾く方法

2016年保育士試験の課題曲「かたつむり」

楽譜を見てもらうとわかる通り、D「レファラ」とA「ラド♯ミ」をいろいろな形で弾いているわけです。

はじめのDは「レ・ラ」とバラバラに弾いていますが、後半は同時に和音の形に変えているわけです。

コードを覚えたら自分で考えてこのように変化させてみましょう。

右手のポイントは指のポジション移動

さて、右手に関しては、初めに置く指の位置に気をつけてください。

ポイントはポジションの移動です。

指使い、特に「ひろげる」「とぶ」「かぶせる」をあらかじめ意識しておくことが大切です。

ポジション移動の詳しい方法は以前の記事にもありますので、参考にしてください。

参考:ピアノ初心者のための指使いの基本

片手ずつの練習がうまくいけば、両手の練習に進めば良いのですが、初心者の方は、下の絵のように左手は伸ばしたままの形で練習しましょう。

2016年保育士試験の課題曲「かたつむり」

楽譜はこちらからダウンロード可能です。

かたつむり練習用楽譜.pdf

レッスン動画(かたつむり)

2016年度保育士試験課題曲「かたつむりニ長調」  JUN音楽教室レッスン

こんな記事も読まれています