スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジンmenu

ギターチョーキングで一番気をつけないといけないことは?

はい、今回はチョーキングについてです。

チョーキングは弦を押し上げることによって徐々に音程を上げる(下げる)テクニックです。

チョーキングの中にもいくつか種類があるので、数回に分けて説明しようと思います。

ちなみに、同義語として「ベンディング」という言い方がありますがやることは同じです。

読者ボタン

 
home

チョークアップ

ギターチョーキング

http://o-dan.net/ja/

チョーキングというと一般的にはこれのことで、弦を押し上げることによって音程を徐々に上げていきます。

上げ幅も半音、1音、1音半、2音、2音半、3音くらいまであります。

もちろん、弦を押し上げればそれだけ弦にかかるテンション(圧力)が上がりますので、やりすぎると弦が切れます

レギュラーチューニング(EADGBE)では2音半くらいが限界だと思いますので、2音チョーキングくらいで留めておきましょう。

実用的なのも半音から1音半、2音程度です。

ちなみに、ひょろりは常にレギュラーより半音低いチューニングでギターを弾いてたので、2音半は常識でした。

3音チョーキングとかもやりました。

興味のあるアグレッシブな人は是非。

ではここらでチョークアップの具体例として図1を弾いてみます。

図1

こんな感じになります。

ザック・ワイルドなんかよく使ってますよね。

このフレーズは定石と言えるものなので覚えておいて損はないです。

色んなところで使われていますし、色んなところで使えます。

また、具体的にチョーキングを盛り込んだフレーズだとこんな感じ。

あなたにオススメ

home

こんな記事も読まれています

keyboard_arrow_up