人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

元楽器屋さんが教える。ここだけの電子ピアノの選び方。価格別編

電子ピアノは価格によってその能力が大きく変わってきます。

どのくらいの物を選べば良いかわからないという方も多いでしょう。

今回は、30万円クラスの上位機種から10万円以下のスタイリッシュなモデルまでの違いや選び方について説明したいと思います。

これからご自宅に電子ピアノ購入を考えている方にとって参考になれば幸いでございます。

電子ピアノの選び方に失敗しないためには

販売員時代はよく「予算10万円くらいで」というご家族が多かったです。

ですが、その「10万円」という予算設定に対する明確な根拠を持っている人はほぼ居ませんでした。

「10万円」という予算の理由は、やはり「よくわからないからそれくらいで済めばいいなぁ」なのだと思います。

ですが、そういったぼんやりした理由で10万円の電子ピアノを買うと、失敗する可能性も高くなります。

電子ピアノは、価格が上のものほどタッチと音がグランドピアノに近づきます。

レッスンはたいていの場合グランドピアノで行います。

ですから家で使うものがいかにグランドピアノに近いかで、家とレッスンでのギャップが小さくなります。

「家ではちゃんと弾けるのに、レッスンに来るとその通りに弾けない。本当は弾けるのに……」という気持ちのギャップが芽生えてしまうとピアノを弾く事が嫌になってしまうかもしれません。

そうなると最悪の場合レッスンは楽しくなくなり辞めてしまい、電子ピアノが置物と化す……なんてことにもなりかねません。

そんな事になってしまったら何もかもがもったいないです。

そんな事態を回避していただくためにも電子ピアノを選ぶ時の予算設定についてお話しします。

少しでも参考になれば幸いです。

30万円クラス

この価格の物ですと鍵盤の仕組みや反応がとても良く、音もスピーカーが6つ搭載されていたり音の響かせ方に工夫が凝らされているためかなりリアルなタッチと音で練習できます。

KAWAI(カワイ)|CA-97

メーカーオフィシャルウェブサイト

KAWAI(カワイ)|CA-97

https://www.kawai.jp/product/ca97/

YAMAHA(ヤマハ)|CLP-585

メーカーオフィシャルウェブサイト

YAMAHA(ヤマハ)|CLP-585

http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/keyboards/digitalpianos/clp_series/clp-585/?mode=model

ROLAND(ローランド)|LX-17

メーカーオフィシャルウェブサイト

ROLAND(ローランド)|LX-17

https://www.roland.com/jp/products/lx-17

各メーカーの最高の技術が詰まっていますので10年以上使っていくこともできます。

生ピアノがどうしても置けないけれど、できる限り生ピアノに近いものを使って楽しく練習したい!という方は迷わずこれです。

買って後悔した……ということはまずないでしょう!

とにかくオススメです。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています